ニコラス・ホルト
 - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 映画『X-MEN』シリーズや『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などの俳優ニコラス・ホルトが、新作『ザ・フェイヴァリット(原題) / The Favourite』でエマ・ストーンやレイチェル・ワイズらと共演することが決定した。Deadlineが報じている。

 『ロブスター』のヨルゴス・ランティモス監督がメガホンを取る予定の本作は、グレートブリテン王国初代君主・アン女王統治下のトーリー党(現在の保守党の前進)指導者、ロバート・ハーレーを題材にした映画で、ハーレー役にニコラスが挑戦することになった。その他に、アン女王の相談相手アビゲイル・メイシャム役にエマ・ストーン、そして初代マールバラ公ジョン・チャーチルの妻サラをレイチェル・ワイズが演じることになった。

 製作は、『ロブスター』でランティモス監督とタッグを組んだ制作会社スカーレット・フィルムズのセシ・デンプシーと制作会社エレメント・ピクチャーズのエド・ギニーとリー・マジデイが担当。脚本は、デボラ・デイヴィスとトニー・マクナマラが執筆する。

 ニコラスはベネディクト・カンバーバッチと共演した『ザ・カレント・ウォー(原題) / The Current War』の撮影を終えたばかりで、電気技師で発明家のニコラ・テスラ役に挑戦していた。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)