いわゆる誰から見てもイイ女であっても、必ずしも彼に大事にされているとは限りません。フられてしまったり浮気されてしまったりで、ハッピーになっているわけではないようです。だからといってほかに問題があるとは思えない。
それでは一体、なにが要因なのでしょうか?

隙のないイイ女タイプ

パッと目をひくイイ女と出会っても、まったく隙のないタイプっているんですよね。男性陣にしてみたら、攻め込む余地がまったくない状態で、私は“ツンデレタイプ”だからとアピールされても……ということになってしまいます。入口がツンツンすぎるのも考えものですね。
もちろん、そこで闘争心に火がついてチャレンジする男性もいるとは思いますが、もしそんなときに、顔は普通でも優しくて守ってあげたくなるような女性がいたとしたら、どちらになびくと思いますか? 残念ながら後者に心が動いてしまう男性の方が多いのです。

セクシーをウリにする女タイプ

確かに見た目は色っぽい女性に、ついつい惹きつけられますが、それだけがウリでは長続きしません。男性は飽きてしまうのです。
人はギャップに惹かれるものなので、セクシーに見えるけど意外にカタいとか、なにか意表を突くような一面を見つけると、より魅了されていくものです。
それはバリバリ仕事ができるとか、家庭的であるとか、なんでもいいわけです。最悪なのは、セクシー以外に惹かれるものがないと思われてしまうタイプです。出会いが多くて男性をとっかえひっかえできると思いますが、相手もあなたをそういう対象としか見ていない可能性もあります。
そういう風に思われてしまうと、少なくとも結婚相手としてエントリーすることはないので、中身を磨くことも怠らないようにしましょう。

自立しすぎる女タイプ

男性は女性から頼りにされることで自信がつくのですが、外見がイイ女でさらに自立していて、なんでもこなしてしまうとなると「自分は彼女にとってなんなのか?」「彼女は誰でもいいのではないか?」と思ってしまうようです。それなら、単純に多少なりとも手がかかって頼ってくれる女性の力になってあげたいと思ってしまうようです。
確かに依存せず、迷惑をかけたくないという気持ちもわからなくもありませんが、“頼りにしてるから”と言葉に出して伝えることも大切です。そして実際に“頼り”にすることで「こんなにイイ女に頼られてるのは俺だけなんだ!」と彼の自信にもつながるわけです。

いかがでしたか? 確かに引く手あまたであっても、なぜか長続きしない気がすると思われているイイ女の皆さま。どこか思い当たる点はありませんか? そこに気づいて改善することで、今よりもっともっと幸せを得られる最強のイイ女になれると思いますよ。