男の嫉妬ほど、面倒くさくてみっともないものはありません。

でも、全く嫉妬しない彼には少しぐらい嫉妬して欲しいですよね。また、嫉妬しているか読み取り辛い彼なら、言動には気を付けるべきです。

そこで今回は、彼が実は嫉妬している彼女の何気ない言動をご紹介。

彼のヤキモキしている気持ち、察してあげましょう。

 

■すました顔も「飲み会・女子会・友達と…」にはヤキモキ

嫉妬する彼に対して、「飲み会・女子会・友達と…」などの言葉は、トラブルの元になることもありますよね。

あからさまに嫉妬を見せる男もいますが、すました顔で快く見送ってくれる男も中にはいます。

「誰と?」と言えば嫉妬が見え見えになるため、男の美学とでも言うべきか、聞きたい気持ちを押し殺して、わざとすまし顔をする男も中にはいるのです。

でも、内心はヤキモキして、今か今かと帰りや連絡を待っているもの。

これっぽっちも気にしない男の方が珍しいので、あなたの彼がすまし顔をしていても、もしかすると内心はヤキモキしているかもしれませんよ。

 

■優しく答えても…元カレ話は嫉妬の鉄板

不思議に思うのですが、女性の中には彼の元カノ話を聞きたがる人が目立ちます。

全ての女性がという訳ではないのですが、経験上、そういう女性が結構いるものです。

ただ、男の場合はそうはいきません。元カレの話など言語道断、こちらから聞いたのならば仕方ありませんが、昔の男の話など1ミクロンも聞きたくないと思っている男の方が圧倒的に多いのです。

元カレ話は言うまでもなく、嫉妬の鉄板です。

聞かれてもないのに、ペラペラと元カレの話をするのは、少しばかり配慮の欠ける行為だと思いますよ。

 

■彼の前で他の男を褒める

人間誰しも、けなされるより褒められる方が気分はいいもの。

特に、大好きな彼氏や彼女にはうんと褒められたいですよね。

褒められたら気分がいいものですが、自分がいる前で彼氏彼女が異性を褒めると、嫉妬心に火がついてしまうのは当たり前の心理。

「あんな人がタイプなんだ!」と、ついひねくれてしまいたくもなります。

そうなってしまえば弁解の余地はなく、機嫌を直すには手を焼くことでしょう。

彼の前で異性を褒め、たとえ彼があなたに共感してくれたとしても、もしかすると心の中では嫉妬しているかもしれませんよ。

 

人の心はわからないものです。

彼が何も思っていなさそうでも、実は嫉妬していることもありますので、極力、配慮の欠ける言動には気を付けた方が無難だと思いますよ。

【画像】

※ Katsiaryna Pakhomava/shutterstock

【関連記事】

※ 「もっと早く知ってれば…」伝えずに終わった恋、実は3人に1人が両想いだった!?

※ 君しか愛せない。男性が「追いかけたくなる」女性の特徴

※ もう2年もご無沙汰で…セカンドバージンから抜け出す方法

※ 彼女には言えないケド…男が浮気に走るキッカケ3つ

※ いい奥さんになりそう!彼氏にさりげなく「結婚を意識させる」テク

※ 離れられない。元カレとセフレに…ベストな対処法って?