映画「ひるね姫」×「くらしき」のポスターはこちら/(C)2017 ひるね姫製作委員会

写真拡大

「東のエデン」「精霊の守り人」などで知られる神山健治監督の最新作「ひるね姫」が、3月18日(土)にいよいよ公開。その舞台となった岡山・倉敷にて、原風景を巡るスタンプラリーや、全国へと体験を拡張するキャンペーンが好評開催中だ。

【写真を見る】「ひるね姫×くらしき」オリジナルグッズ公開!/(C)2017 ひるね姫製作委員会

物語の主人公はいたって平凡な女子高校生・ココネ。特技といえばどこでも眠れることぐらいの彼女が、大きな冒険の末に見つけた小さな真実とは?

ココネを演じるのは、女優の高畑充希。その他、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介といった実力派俳優陣がボイスキャストとして集結した。

本作の舞台となった倉敷市の児島・下津市で“スタンプラリーキャンペーン”が3月1日より開催されている。スタンプを集めて応募すると、「ひるね姫×くらしき」限定グッズが当たるそう。

さらには広島、兵庫や香川まで「ひるね姫」の魅力を届けるオリジナルラッピング電車やバスの運行も始まっている。東京、大阪では瀬戸大橋にVR上でトリップし、主人公たちの追体験を味わえるトリップ・スポットも特設された。

映画の公開より一足先に、“聖地巡礼”をしてみてはいかがだろうか?

なお、主人公を演じる高畑が歌う主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー」の“フル尺PV”も4日に公開された。演技だけでなく、圧倒的な歌唱力も持つ高畑の歌声に大きな反響が寄せられている。