旅先での思わぬ出会いに“運命”を感じて、なんとなく一夜を共にしてしまった経験はありませんか?

「私に限って、どうしてこんなことに…….」

そんな後悔をしている女性は、意外と多いものです。そこで今回は、ワンナイトラブ経験のある20〜30代独身女性に「今だから言える失敗談」を暴露してもらいました。

 

■旅行先で結ばれたけど…セックスに寛容な国だった!

「学生時代に旅行でギリシャを訪れたんだけど、そのとき“超”がつくほどイケメンの男性に話かけられて、一緒にバーへ行ったの。そのときは楽しく会話してお酒を飲んだだけで、連絡先を交換して別れたんだけど、次の日の夜に“今から会えない?”って連絡が来て、高級ホテルで食事。そのままチェックインして、一夜を共にしてしまった。でも、あとで知ったんだけど、ギリシャって男女関係に寛容な国で、既婚者同士が平気でデートをするらしいの。実際に、私を誘ってきたカレも、二人の子どもがいるパパだった。」(31歳/商社)

国によって、男女関係に対する考え方はまったく違います。彼女のように、既婚者同士のデートが咎められることもなく、セックスに寛容な国もあることを頭に入れておかなければなりません。海外旅行で出会った異性と、帰国後も連絡を取り合って結ばれるケースもあるようですが、まずはそのお国柄を知っておくことが大切かもしれませんね。

 

■取引先の相手に誘われたけど…ワンナイト常習犯だった!

「2〜3回お会いしたことのある取引先の人に誘われて、居酒屋へ。そこまではよかったんだけど、酔っ払ってふわふわした感じのままホテルに連れていかれて、流れでベットインしてしまった。知っているのは、相手の名前とビジネス用の連絡先だけ。翌朝、いつもと変わらないトーンで話かけてくるカレに、“こいつ、常習犯だな”と確信したけど、もう今さら後悔しても遅いよね。次の打ち合わせで会ったときも、“今日空いている?”って聞かれたけど、きっぱりお断りした。もう安売りはしないって決めたから!」(29歳/メーカー)

完全に行きずりという訳ではなく、顔と名前がギリギリ一致する程度の人だからこそ、「この人なら大丈夫かも」と油断してしまう一面があるようですね。でも、社内ではなく、適度な距離感のある相手だからこそ、都合のよい女にされる可能性大! あなたも突然の甘い誘惑には、十分ご注意を……。

 

■元カレによく似たカレにお願いされて…避妊をしなかった!

「失恋したばかりで落ち込んでいたとき、たまたま行きつけのバーで隣に座った男性が元カレにそっくりで一目惚れ。意気投合して、出会ったその日に結ばれてしまった。しかも、ゴムは嫌いだからと避妊を拒否されてそのまま……。妊娠するのが怖くて、翌日アフターピルをもらいにいきました。」(27歳/歯科衛生士)

失恋直後はハートが弱っていて判断力が鈍ってしまいがち。一目惚れしたカレと、積極的に誘ってきたカレに押されてベッドイン……なんてトラブルに巻き込まれてしまうことがあるので、要注意なんです。望まない妊娠はもちろん、性感染症のリスクも高まるので、最低でも避妊具は付けるようにしてくださいね。

 

いかがでしたか? どれも他人ごとではない失敗談ばかり。「こんなはずじゃなかった」「どうしてあんなことを……」と後悔する前に、自分の身は自分でしっかり守りましょう。

【画像】

※ narikan/shutterstock

【取材協力】

※ 20〜30代独身女性

【関連記事】

※ きゃっ…バレてた!? 男子が「今日OK♡」サインを感じる瞬間4つ

※ イケメンはエッチが下手…!? 知られざるその真相とは?

※ ちょっと待った!男が「エッチOK」だと勘違いするNG行動

※ 「エッチ」で相手に本当にして欲しいこと【大人の心理テスト】

※ エッチでわかる男の本音。ベッドでの要注意言動3つ

※ きっつ…男がドン引きしている「アラサー女」の痛い行動