リスクを学んで上手に使う!プロが教える使い切れないコスメの「消費期限」

写真拡大

美を手にれるために様々なコスメを使い、日々、探求を怠らない女性たち。スキンケアアイテムやメイクアップアイテム、お気に入りのものから、買ってから後悔したものと、ご自宅にはあらゆるコスメが眠っているのではないでしょうか。

しかし、それらのコスメ、ずっと使えると思っていませんか? 食品にもある消費期限は、実は、コスメにもあるのです。そこで今回は、メイクアップアーティストであり美容家である筆者が、コスメの捨てどきについてご紹介します。

アイテムによって異なる“消費期限”

化粧水やクリーム、ファンデーションやアイシャドウなど、あらゆるアイテムにある“消費期限”。しかし、全てが一律同じ年というわけではなく、アイテムによって期限が異なります。

基本的に、未開封で保存状態が良いものであれば、3年間品質が保持されているものが多いのですが、1度開封してしまうと、空気に触れたり、雑菌が混入してしまうことから劣化してしまうので、期限は縮まってしまいます。

・リキッドファンデーション“約半年”

液状のものは、劣化も早いため、なるべく早めに使い切るのがベストです。また、フタは、開けたらすぐ閉めることを徹底しましょう。

・パウダーファンデーション“約1年弱”

リキッドファンデーションと違い、少し期限が長くなります。しかし、汚れたスポンジで使用している場合は、肌トラブルの原因になるため、注意が必要です。

・アイシャドウ“約1年”

1年では使い切れない……という方も多いかとは思いますが、1年から長くても1年半までで使い切るようにしましょう。また、指で直接アイシャドウをとって使用している場合は、劣化が早いため、1年前後を目安にするとよいでしょう。

 直付けするアイテムはもっと短期間

ファンデーションは、手で塗ったり、スポンジで塗るなど、直塗りする機会は少ないですよね。しかし、口紅やマスカラ、またリキッドアイライナーなど、そのまま直に肌につけるものは、約3ヶ月〜4ヶ月で使い切っていただくことをおすすめします。

肌に付着している皮脂などをエサに、雑菌が繁殖しやすいこともあり、消費期限が短くなっているのです。また、直に使うもののなかでも、ペンシルアイライナーは、削りながら使用していくため、約1年くらいを期限の目安にするとよいでしょう。

より清潔につかうために

薬機法上、品質が3年以上安定していることが認められるものは、外箱を含めた商品に期限を記載しなくてもよいので、いつまで使ってよいのかわからない方が多いのが実情です。

しかし、いくら品質が安定しているものであっても、不衛生な状態の手や、道具で使用することにより、肌トラブルなどの原因になるのです。そのため、アイテムを使用する際にも、衛生面での配慮をすることで、こうしたトラブルを未然に防ぐ努力ができます。

たとえば、直付けする口紅も、そのまま繰り出して直接唇につけるのではなく、スパチュラや、スパチュラがない場合は、つまようじでもかまいません。そういった清潔なもので少量削り出して手の甲にのせ、清潔なリップブラシで使用すると、口紅自体を衛生的に保つことができますよ。

捨て時がわからず、何年も前のコスメがまだあるんです……という方は少なくありません。先述の期限を目安に、この際コスメの断捨離を試みるのはいかがでしょうか。

【画像】

※ S_L / shutterstock

【筆者略歴】

黒木絵里

外資系化粧品メーカー2社を経て独立。現在「Eri Kuroki Make-up solution」代表として人材育成やメイクセミナー、コスメ・メイク監修などの美容コンサルティング業務をおこなっている。