頼むからちょっと黙っててくれ!男がドン引きする「最悪なピロートーク」

写真拡大



エッチが終わった後は、ベッドの中でその余韻を楽しんだりもしたいですよね。

でも、そこで変なことを話し始めたりすると、男性を幻滅させてしまうことになるでしょう。

今回は、男がドン引きする「最悪なピロートーク」を紹介します。

■1.エッチの「ダメ出し」をする

「エッチの後に、『あそこはもうちょっとこうしてほしい』みたいなダメ出しをされたときは、マジで思いっきりヘコみましたね。『もうこいつとはエッチしたくない』とも思いました」(27歳/男性/アパレル)

エッチの後に、エッチの感想を言ってあげると男性は喜びます。でも、当然ながらそれは、「気持ち良かったよ」という感想です。「もっとこうした方がいいよ」といったダメ出しは、一番聞きたくないこと。別に責めているわけではなく、次回からのためにと思って言っているかもしれませんが、そんなことを言ってくる女性ともう一度エッチしたいと感じる男性はいないでしょうね。

■2.しつこく「好き」の確認をしてくる

「ラブラブなモードになっているからといって、『私のこと好き?』と何度も聞かれると本当にうんざりします。なんかちょっと重たくも感じるので、余計に嫌ですね」(28歳/男性/販売)

エッチした後は、幸福感に包まれているでしょうし、愛情を確認したくもなるでしょう。でも何度もしつこく「私のこと好き?」なんて聞かれたら、さすがに男性はイラッとしてしまうはず。さらに、「私のどこが好き?」という形にまで発展したら、もう叫び出したいような気分になるでしょうね。せっかくのいいムードが台無しになってしまいかねないので、しつこく聞くのは絶対にNGですよ。

■3.「結婚の話」をし始める

「ピロートークで結婚の話とか、本当に勘弁してほしい。エッチしてすぐに気分が盛り上がってしまって結婚の話になるとかって、はっきり言って怖すぎますよね」(30歳/男性/営業)

ふたりの愛情度が上がっているエッチの後には、ふたりの将来のことも女性は思い浮かべてしまうかもしれません。でも、男性からすると、エッチの後にいきなり結婚の話はさすがに重たすぎるもの。「今そんな話する?」と間違いなく引いてしまうでしょう。エッチ直後に結婚を迫ったりするのも、男性には怖がられてしまうだけですよ。

■4.「昔のエッチ」を語り出す

「過去の男とのエッチの話とか、本当に聞きたくないですよね。しかも、エッチした後にそんな話を聞かされたら、『どういう神経してるんだろ?』って思っちゃいます」(30歳/男性/営業)

男性は彼女の過去の男の話など聞きたくありません。しかも、「過去のエッチ」なんて、考えたくもないはず。エッチの後には、彼氏とエッチ系の話になりやすいので、つい自分の「昔のエッチ」を語ってしまうなんてこともあるでしょうが、注意が必要です。過去の男と比べられているような気にもなるので、男性を本気で怒らせてしまう可能性もありますよ。

■おわりに

「ピロートーク」は、さらにふたりのラブラブ度をアップさせてくれるものです。でも、おかしな発言をしてしまうと、男性を幻滅させたり怒らせてしまうこともあるので、今回紹介したような話はしないようにしてくださいね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)