課題は「最後の質」…1点が遠かった大分、片野坂監督は敗戦を悔やむ

写真拡大

 明治安田生命J2リーグ第2節が5日に行われ、東京ヴェルディと大分トリニータが対戦した。

 41分に失点を喫した大分は後半に反撃を試みたが、最後まで1点が奪えないままタイムアップ。開幕2連勝とはならなかった。

 試合後、大分を率いる片野坂知宏監督がインタビューに応えている。

 開口一番「悔しいです」とコメントした片野坂監督は、「前半は足が止まっていたり、反応が相手よりも遅かったので、もう一度そこは引き締めました。後半はアグレッシブに選手は得点にこだわってやってくれたのですが、最後の質をもう少し上げていかないといけないし、J2の戦いで細かいところを突き詰めてやれるかどうかが重要になると思います」と今後の課題を口にした。

 レノファ山口FCとのホーム開幕戦に向けては、「必ず勝ち点3を取れるように準備をして、我々らしい戦いを出せるようにやりたいです」と意気込みを語った。