今季W杯の日本ジャンプ男子は、12月17日スイス・エンゲルベルク第1戦で伊東大貴(雪印)が残した、5位が最高位。第21戦までのW杯総合ランキングでも、伊東と葛西紀明(土屋ホーム)が同ポイントで23位に並び、竹内拓(北野建設)が28位につける苦しい状況になっている。2月23日からフィンランド・ラハティで開催されたノルディックスキー世界選手権でも、厳しい戦いを強いられた。


日本チームには必要不可欠な存在である葛西紀明 25日の個人ノーマルヒルでは、1本目に95mを飛んで8位につけた伊東が、2本目には94.5mで順位を落として10位になったのが最高位だった。伊東は「体の状態も試合に合わせる過ごし方をしていたし、日に日に調子がよくなってきていたので、結果が出ていない引け目も感じている。上位との差を見るとあまりにも大きいのが悔しいし、その理由も見つけていかなければいけない」と課題を口にしていた。

 そのノーマルヒルで葛西は、2月のW杯平昌大会での悪いイメージを引きずったのか、28位という低空飛行になってしまった。個人ラージヒルになると、公式練習は2日とも休んだものの、3月1日の予選では119mを飛んで9位通過。

「やっぱりラージヒルですね」と手応えを感じた様子だった。伊東も得意なラージヒルで121.5mを飛んで予選3位と、いい流れを掴んだかに見えた。

 ところが2日の本戦では、1本目で葛西が114m、32位で2本目進出を逃すというまさかの事態に。1本目13位の伊東は2本目で順位を落として15位、竹内も1本目の17位から順位を伸ばせずに終わる。伊東は「自分なりには攻めた内容のジャンプはできましたが、ノーマルヒルと同様にトップとの差はあるので、その差を埋めるために何かを見つけなければいけないですね」と言い、竹内も「2本目は飛び出した時にけっこういくかと思ったが風で落とされてしまって……。そういう条件も超越するような調子にたどり着けなかったのが敗因です」と反省する。

 もうひとり出場した作山憲斗(北野建設)は、予選をギリギリで通過。102mで最下位の50位に終わり、最後の種目であるラージヒル団体へ向けても暗雲が垂れ込め始めた。伊東も「今の日本チームの調子では厳しいので、そういう悔しさを来年にぶつけられるようにして、来年こそはこういう気持ちで臨まないようにするのが大事」と、始まる前から悲観的な言葉まで口にした。

 そんな状況で迎えた4日のラージヒル団体は、予想していた通りの厳しい結果になってしまった。総じて弱い風が吹くなかで、1本目で日本は1番手の竹内の120mが最高と飛距離を伸ばせず、7位。風が荒れて、待たされるジャンパーも出てくるようになった2本目には全体で6位の得点を獲得したが、結果はチェコと同得点の922・7点で7位タイ。

 今季のW杯3戦で日本は7位、8位、8位で終わっていた状況を覆すことができなかった上、1104・2点で優勝したポーランドを筆頭に、1000点台に乗せたノルウェー、オーストリア、ドイツとの大きな差を見せつけられる結果になった。

 日本スキー連盟の斉藤智治ジャンプ部長は「今シーズンを振り返ると夏まではいい感じできていたが、冬シーズンに入ってから海外勢との差が急に開いてしまった。技術面もあるがマテリアル面もあるし、いろいろな道具の関係もあるということが今は少しずつ分かってきているので……。その辺を整理して平昌五輪まではテクニックも含めてすべての面で世界と対等に戦えるようにしたい」と語る。

 竹内も「昨季のW杯29戦で15勝したペテル・プレブツ(スロベニア)の場合は、今までの技術を覆すようなジャンプをしていました。ただ、今季に関していえばどの選手もお手本通りというか、みんなが狙っているようなジャンプをしている。それでこんなに飛距離の差が出るというのは『道具しか考えられないかな?』というのはありますね。僕らは体を動かす側なので、できる限りいいジャンプを求めていくというところで戦っているけれど、結構差は開いていると思います」と首をかしげる。

 ラージヒル個人戦のあとも竹内は、「選手の中にはスーツの形がまったく違う人もいた。彼らは道具も体の一部だと考えていると思うので、僕らももっとシビアに考えていってもいいのかなと」と言い、伊東も「僕はスーツなどのことはあまり考えず自分の技術でどうにかしようという考えでやってきましたが、道具などの細かいところまでこだわらなければいけないスポーツになってきたとも感じている」と話した。

 12〜13年シーズンの冬から、スーツの大きさはそれまでの体のサイズ+6cmから+2cmに変更され、そのことをきっかけに日本勢は復活した。それから4シーズンが過ぎ、新たな開発競争がちらつき始めている。そこにチームとしてどう対応するかも、これからの課題になってくるだろう。

 そんな中、日本チームのエースである葛西は、ラージヒル団体でも1本目は弱い向かい風の中で119m、2本目は強めの追い風を受けて105mでともに3番手グループの中で8位と、調子の悪さを引きずったままで大会を終えた。

「ジャンプがあまりよくないので、飛び出してからすぐの追い風を抜けられないんですね。うまい選手はそこを抜けて下の向かい風をもらえるけど、僕はそこでたたき落とされてしまう感じで。世界選手権は本当に相性が悪いですね。風が当たらなかったり、自分のジャンプがうまくいかなかったりというのが、全部一緒になってしまったような大会でした」

 しかし、その表情にはあまり悲観的な雰囲気はなかった。

「来シーズンになればまた変わってくると思うので……。今はアプローチのポジションに迷ったりしていて、助走スピードが出なかったり、テイクオフでスリップしたりというのが起こっている。これからはそこを重点的にやっていこうかと思っています。そこさえうまく決まればスピードも出ると思うし、そうなればテイクオフでスリップもしなくなると思う。技術的には他の国の選手とも大差はないから、直せればすぐにトップに立てる。日本チームの全員が、そうなれる技術を持っていると思います」

 そう強気な言葉を口にした葛西は、「この悔しさも逆に考えれば、次にいいことが来るのではないかという期待につながる」と笑う。

 ソチ五輪後からここまでの3年間、対外的な付き合いや仕事もあって、毎年春から夏にかけてトレーニング不足だった現実はある。葛西も「それが直接の要因ではないと思いますが、やっぱり成績が出ないと『練習不足だったな』と考えてしまうし、不安になることもある。練習をしっかりやればその分自信にもなるので、練習も必要だと思う」と、次のオフシーズンへ向けての意欲も見せる。

 今の日本チームを見れば、なかなか若手が育っていないという事実を抜きにしても、葛西が中心人物ということに間違いはない。競技に対する真摯な姿勢で後輩たちを引っ張るだけではなく、性格も含めてチームの雰囲気を盛り立てるムードメーカーにもなっている。今後の男子ジャンプ界を長い目で見れば、彼に代わるリーダー役の登場は必須条件だが、まずは目の前の目標である平昌五輪を考えれば、日本チームにとっては葛西の復調が最大のカギになる。それは葛西自身が一番わかっていることだろう。

■冬季競技 記事一覧>>