園子温監督がディレクターを務めた「ええじゃないか とよはし映画祭」

写真拡大

 愛知県出身の園子温監督がディレクターを務めた「ええじゃないか とよはし映画祭」が3月5日、閉幕した。園監督の発案で今年からスタートした本映画祭。園監督は、初日は「こんな大事になるとは。責任ある立場」と緊張気味だったが、愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLATで行われたクロージングセレモニーでは、「怒涛のような3日間でしたね。期待以上。予想をはるかに超える方々に集まっていただいた。登壇する度に満席じゃないかと思った。こんなに大成功するとは。驚愕」と達成感をにじませた。

 クロージングセレモニーには、園監督のほか、松井玲奈、「ぼくのおじさん」から山下敦弘監督と音楽のきだしゅんすけ氏、園監督作品の常連である冨手麻妙、神楽坂恵、深水元基らが出席した。

 アンバサダーとして3日間を駆け抜け、ゲスト登壇だけでなく、複数の舞台挨拶の司会も担った松井は、「たくさんの方が来てくださって嬉しかったです。いろんな映画に触れていただけたと思います。私自身も触れることができた。来年もできるようにお力添えをいただければと思います」と清々しい笑顔を浮かべた。

 クロージング作品として本映画祭を締めくくった「真田十勇士」の堤幸彦監督は、上映後に「楽しんでいただけたら幸いです」とニッコリ。同作に出演した加藤雅也は、豊橋は初訪問であったが「こうやってたくさんの方に見てもらえて嬉しく思っております。大きなスクリーンで映画ファンに見ていただけてと嬉しい」と客席に呼びかけた。

 本映画祭プロデューサーの森谷雄氏(「サムライフ」監督)は、「たくさん集まっていただいて、この映画祭が良い形でクローズできると実感しております」と言い、「市長と『もしかしたら来年も』と。ぜひ続けていけたらと思っております」と第2回の開催に意欲。これを受け、豊橋市長の佐原光一氏は「私は(開催期間中)何をしていたかというと園さんと夜の部を。来年に向かって企画をする部門でございます。園さんの映画論を1時間も聞かせていただける貴重な機会をいただき、いろいろな構想が浮かんでおります」と、来年以降の展開を示唆した。

 そして、本映画祭の実行委員会会長である佐藤元英氏は、園監督と松井に労いの言葉を贈ると、「映画の街・豊橋として全国に打って出るためにも続けられればと思います。今回は各作品の、監督、俳優さんにお越しいただき、本当にありがとうございました。3日間足を運んでいただいた皆さん、ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。