放送開始「お父さんが変」イ・ユリ&リュ・スヨン、放送局で再会…今後の展開は?

写真拡大 (全2枚)

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「お父さんが変」が、「月桂樹洋服店の紳士たち」の空席をしっかり埋めた。

韓国で4日に放送されたKBS 2TV「お父さんが変」第1話では、ピョン・ハンス(キム・ヨンチョル) とナ・ヨンシル(キム・ヘスク) 家族が初公開された。ピョン・ハンスの4兄弟は、性格がそれぞれ異なった。

長男のピョン・ジュンヨン(ミン・ジヌン) は、お人好しで少し変わっているが、典型的な小心者で、5年間9級公務員試験を準備している。3女のピョン・ミヨン(チョン・ソミン) も自慢できるところはないが、優しい性格と豪快な食べっぷり、生まれ持った骨格が大きな長所だった。

一方ピョン・ラヨン(ファヨン) とピョン・へヨン(イ・ユリ) は少し違った。ピョン・ラヨンはおてんばで世間知らずの末っ子で、自分の美貌だけを信じて楽して生きようとする女性だった。彼女は姉のものをこっそり持ち出すことを何回も繰り返した。このことでピョン・へヨンとつかみ合いのケンカをしたりもした。

ピョン・へヨンは4兄弟の中でもとりわけ出来のいい娘だ。売れっ子の大型法律事務所“ヘオン”の弁護士だった。いわゆる結婚はまったく考えていない“高スペック社会進出女性”だ。

ピョン・へヨンにとって弱みといえば、8年前に別れたチャ・ジョンファン(リュ・スヨン) だけだった。もちろん、彼を引きとめようとはしなかった。過去に振ったのも彼女の方だった。しかし、その裏には自分の力でのし上がってきた女性を嫌うオ・ボクニョ(ソン・オクスク) がいた。

ピョン・へヨンはこの2人と同時に鉢合わせただけでなく、チャ・ジョンファンと放送局で再び再会した。