[3.5 J2第2節 愛媛0-0松本 ニンスタ]

 J2第2節が5日、各地で行われ、愛媛FCはホームで松本山雅FCと対戦し、0-0で引き分けた。

 前半5分、松本はMFセルジーニョの右FKをファーサイドのDF飯田真輝が高い打点で合わせたが、強烈なヘディングシュートはGKパク・ソンスが落ち着いてキャッチ。対する愛媛も前半14分、MF白井康介がPA内へ絶妙な浮き球パスを送ると、抜け出したMF近藤貴司が反転しながら左足ダイレクトで叩いたが、シュートはGKに止められた。

 セットプレーのチャンスを何度も得る松本だが、得点にはつなげられない。前半23分、ドリブルで持ち上がったセルジーニョのスルーパスにDF田中隼磨が猛然と走り込み、PA内右のゴールラインぎりぎりからマイナスにクロス。ファーサイドのMF志知孝明がダイレクトのヘディングシュートで叩きつけたが、先制点とはならなかった。

 スコアレスで前半を折り返すと、後半も膠着状態が続く。激しいプレッシングで守備を固める松本は、ボールを保持しながらもなかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。FW高崎寛之は約30mの位置からロングシュートで愛媛ゴールを強襲したが、好セーブを連発するGKパク・ソンスが安定したセービングでゴールを守った。

 両チームともに次々と交代のカードを切って状況を打開しようと試みるが、なかなか均衡は破れない。愛媛は後半17分、白井がスピードに乗ったドリブルで持ち上がり、PA手前の位置からそのまま左足を振り抜いたが、ミドルシュートはわずかにゴール左へ外れた。

 終盤も松本が押し込む時間帯が続き、後半39分、スルーパスに走り込んだ田中がPA内右で切り返し、相手選手をかわして左足で強烈なシュート。決定的なチャンスだったが、これもGKパク・ソンスの好セーブに阻まれた。

 松本は試合終了間際の後半45分、右CKのこぼれ球をMFパウリーニョがPA手前から右足ダイレクトで叩いたが、ゴール左へ。最後までゴールが遠く、0-0で勝ち点1を分け合った。開幕節で横浜FCに0-1で敗れた松本は今季初の勝ち点1を獲得したが、初勝利は飾れず、2試合連続の無得点。反町監督のJ2通算200勝は次節以降に持ち越しとなった。一方、愛媛は2試合連続の無失点も金沢との開幕戦(1-0)に続く連勝を逃した。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第2節2日目 スコア速報