ホーム開幕戦で鳥栖とドロー…川崎・鬼木監督「勝ち切るところにこだわりたい」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第2節が5日に行われ、川崎フロンターレはサガン鳥栖と対戦し、1−1の引き分けに終わった。

 ホーム開幕戦となった川崎は7分にFW小林悠のゴールで先制したが、34分に同点ゴールを許すと、最後まで勝ち越すことはできなかった。

 試合後のインタビューに応じた川崎の鬼木達監督は、「トータルすればいいゲームとは言えなかったです」とコメント。「特に点を取った後にボールを失う回数が増えた。後半は相手を見てやれる機会が増えたけど、そこで決め切れなかった」と課題を挙げつつ、次の試合を見据えた。

「勝ち切るというのが一番大事になるので、もう一度そこにこだわってやっていきたいです」

 川崎は10日にホームで柏レイソルと対戦する。