水の量はほんの一滴程度とのこと

写真拡大

感染症・アレルギー疾患治療薬開発を専門とする創薬企業「DR.C医薬」(本社・東京)は、花粉やハウスダスト、カビなどに含まれるたんぱく質を水に分解する「ハイドロ銀チタンテクノロジー」を用いたマスク「花粉を水に変えるマスク」を、2017年3月1日に全国で発売した。

同社の発表資料によると、ハイドロ銀チタンテクノロジーは同社が開発した、光触媒(光による化学反応の一種)を進化させた光がなくても作用するハイブリット触媒技術。

女性のファンデーションなどに用いられる「酸化チタン」を変化させた「ハイドロ銀チタン」が水や酸素と反応して「スーパーラジカル」という物質を発生させ、花粉やハウスダスト、カビなどに含まれるたんぱく質やホルムアルデヒドを水に分解するという。

「花粉を水に変えるマスク」は、4層構造となっており、不織布と高密度フィルターの間に「ハイドロ銀チタン」を配合したフィルターを挟み込んでおり、このフィルター上で花粉などを水に分解する。

サイズは「小さめサイズ(約145ミリ×95ミリ)」と「ふつうサイズ(約160ミリ×95ミリ)」の2サイズ。5枚入りで価格は600円(税抜)となっている。