ガンバ大阪の長沢駿【写真:Getty Images】

写真拡大

 5日、明治安田生命J1リーグの2試合が開催された。

 15時キックオフの試合では柏レイソルとガンバ大阪が対戦。開始7分、DF藤春廣輝からのクロスに合わせたFW長沢駿が豪快にヘディングを叩き込んでアウェイのG大阪が先制点を奪った。

 開幕2連勝を狙う柏も後半開始直後に反撃。CKからFWクリスティアーノの上げたクロスがこぼれたところを、MF小林祐介が見事なボレーで蹴り込んで1-1の同点に追いつく。

 だが61分には再び長沢が決めてG大阪が勝ち越し。DF初瀬亮が右サイドから上げたクロスに合わせ、左足で蹴り込んで2-1に。さらに72分、FWアデミウソンが自ら倒されて獲得したPKを確実に成功させてG大阪が突き放し、3-1で今シーズン初勝利を挙げた。

 17時キックオフの試合では川崎フロンターレがサガン鳥栖をホームに迎え、こちらも早い時間に先制点が生まれる。相手のミスを突いてボールを奪った川崎FのFW小林悠が自らゴール前へ持ち込んでシュートを放つと、DFの足に当たってわずかにコースを変えたボールがGKのニアを抜いた。小林は開幕戦に続いての2試合連続ゴール。

 鳥栖は34分に試合を振り出しに戻す。右サイドからMF鎌田大地が上げたクロスはGKのパンチングでクリアされたが、落ち際に合わせたMF高橋義希がダイレクトで抑えたシュートを蹴り込んで1-1に。その後は後半もゴールは生まれず、ともに勝ち点1を獲得する結果に終わっている。

 この結果、開幕から連勝スタートを切ることに成功したのは横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸、ベガルタ仙台の4チーム。得失点差で横浜FMが首位に立っている。

 4日に行われた7試合も含め、J1第2節の全試合結果は以下の通り。

浦和 3-1 C大阪
甲府 0-1 鹿島
広島 0-1 清水
FC東京 2-0 大宮
磐田 0-1 仙台
神戸 2-1 新潟
横浜FM 3-0 札幌
柏 1-3 G大阪
川崎F 1-1 鳥栖

text by 編集部