カン・ホドン、自ら美談を語る…「少女時代 スヨンに命の恩人と言われた」

写真拡大

カン・ホドンがセルフ美談で笑いを誘った。

韓国で4日に放送されたJTBC「知ってるお兄さん」では「良いこと発表大会」を行った。ソ・イェジに認められないと、ものすごいデコピンを受ける状況だ。

カン・ホドンは不安さを見せながら自身の美談を公開した。カン・ホドンは「少女時代のスヨンがステージで落ちかけそうになったが、助けた。ステージの支えがない床を踏み、ステージから落ちかけていたが、俺が助けた」と話した。

さらに「その時、助けようと思って助けたのではなく、体が先に動いた」と、自分の美談を図々しく話した。

また「その時スヨンに命の恩人と言われたが、俺が『大丈夫。誰でもそうしたはずだよ』と言ってあげた」と述べた。

メンバーたちが「デコピン」と叫ぶと、カン・ホドンは「この番組を観ている芸能部の記者に、この話を記事にしないでほしい。そして視聴者たちはこの瞬間からこの話を忘れてください」と話し、メンバーたちからブーイングを受けた。