「覆面歌王」ダーツマンの正体はVIXX エン!わずか3票差で敗北

写真拡大 (全2枚)

“ダーツマン”の正体はVIXXのエンだった。

本日(5日) 韓国で放送されたMBC「覆面歌王」では、第1ラウンドの最初の組で“ルービックキューブ”と“ダーツマン”の対決が繰り広げられた。

2人の挑戦者は、キム・ジョハンの「恋に落ちたい」を熱唱した。コンテストの後キム・ソンジュは「芸能人判定団と一般人判定団の選択が違う」とし「2人の票差はわずか3票差だ」と述べて緊張感を高めた。

ダーツマンはステージの上で、キム・ヨナのフィギュアスケートの個人技を披露するなど、特別な才能を見せた。

投票の結果、ルービックキューブが51票を獲得し、48票を獲得したダーツマンを破り、第2ラウンドに進出することになった。第1ラウンドで敗れたダーツマンはマスクを脱ぎ、正体を明らかにした。