モンテカルロラリーは1911年から開催され、既に100年以上が経過しました。ラリーはF-1よりも遥かに古いモータースポーツイベントなのです。

しかし各国のラリーがWRCとしてまとめられ、メーカー(マニファクチャラ―)の世界選手権が制定されたのは1973年。ドライバー選手権は更に遅く1979年から。F-1は1950年代に世界選手権が制定されているので、世界選手権としての歴史は日が浅いのですね。

1

トヨタは、WRC開幕前より前から世界のラリーに参戦していました。

1968年、初代セリカ(TA22)でモンテカルロラリーに出場するプライベーター支援で、最初の足跡を刻むと、翌70年はコロナマーク2を2台参加させます。

そしてトヨタは「国際ラリーに勝てるドライバー」としてオべ・アンダーソンのサポートを開始します。72年12月RACラリー(現在のウェールズラリーGB)にアンダーソン/フィリップス組がセリカで出場。翌73年にはチーム名を「トヨタ・チーム・アンダーソン」として初年度のWRCへの参戦を開始します。

参戦初年度は3戦に参加し、12位完走が最高結果でした。その後、オイルショックによるモータースポーツ活動の縮小・チーム存続の危機を乗り越え、75年にはチーム名を「TTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)」に変更、事実上のマニュファクチャラーチームとなります。

同年の1000湖ラリー(フィンランド)で、ハンヌ・ミッコラがカローラ(TE27)でWRCチーム初優勝を飾りました。ちなみに、トヨタ車のWRC初優勝は、73年プレス・オン・リガードレス ラリー(アメリカ)にカナダのディーラーチームより出場したウォルター・ボイスのカローラ(TE20)でした。

80年代に入り、WRCは改造範囲の広いモンスターマシン・グループBの時代となりました。TTEはセリカ(TA64)をベースとしたセリカTCT(ツインカムターボ)で参戦します。

’82年、ラリー・ニュージーランドでグループBでの初優勝をビョルン・ワルデガルドが飾ると、翌’83年のアイボリーコースト(コートジボアール)でも優勝。84年からサファリラリーを3連覇します。

しかし、ハイパワー過ぎるマシンでのたび重なる事故で、グループB規定マシンでの選手権は’86年で終了。’87年より改造範囲の狭いグループAで争われることとなりました。

グループAは通年で5000台(87年当時 グループBは200台製造認可)のベース車両の製造台数が必要となり、超高価格/高性能スポーツカーは閉め出される事となりました。

TTEは’87年にスープラ(A70)、そして’88年にセリカGT-FOUR(ST165)を投入。黄金期が訪れます。

’90年にカルロス・サインツがトヨタドライバー初のドライバーズタイトルを獲得。さらに、新型セリカ(ST185)を投入した’92年にもサインツはタイトルを獲得しました。

翌’93年はユハ・カンクネン、’94年にはディディエ・オリオールと3年続けてドライバーズタイトルを獲得、’93、’94年にはマニュファクチャラーズとのWタイトルを獲得しました。

しかし、94年より投入された新型セリカ(STT205)は大きくなったボディがコンパクト化の時流に沿わず、熟成も遅延。そして’95年に吸気装置(リストリクター)の重大な違反により、年間ポイントの剥奪と翌’96年一杯の出場禁止を受けます。

翌年よりチームは2年間WRCへの出場を見合わせた後、’98年に新規定ワールドラリーカーに合わせた新車、カローラWRC(E110)で本格復帰を果たします。

開幕戦モンテカルロでサインツが復帰戦を勝利で飾ると、最終戦までマニュファクチャラー・ドライバーの両タイトルを争います(共に年間2位)。翌’99年にマニュファクチャラータイトルを獲得すると、参戦が発表されていたF-1の車両開発に注力するため、WRCから撤退しました。

それから18年の時を経て、ヤリスWRCで待望のWRCの舞台への復帰となりました。

トヨタのラリー活動は、WRCが日本で開催された期間は参戦を休止していたせいか、国内では認知度が低い様です。しかし黎明期より30年以上にわたり、世界の第一線で活動・実績を上げています。

豊田社長が、今回の復帰にあたり「『いつラリーに戻って来るんだ?』と聞かれる」と言っていたのは、40以上の勝ち星とマニュファクチャラータイトル獲得3回の活躍を目の当たりにしていた海外ではごく当たり前の反応だったんですね。

以前、豊田社長は「出たり入ったりしない」と、参戦の継続性もアピールされていました。いきなり結果を出しましたが、これからもTOYOTA GAZOO Racing WRTの活躍に期待しない訳には行きません。

(川崎BASE)

【関連記事】

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)が勝った「WRC」って、どんなラリー?【今さら聞けない!ラリーのイロハ・その1】
http://clicccar.com/2017/02/16/444791/

トヨタ優勝で盛り上がる「ラリー」って、どんなモータースポーツなの?【今更聞けない!ラリーのイロハ・その2】
http://clicccar.com/2017/03/04/444864/

トヨタは世界にWRC復帰を待望されていた!【今さら聞けない!ラリーのイロハ・その3】(http://clicccar.com/2017/03/05/446328/)