“お得意様”のG大阪に敗戦の柏・下平監督「ちょっとした集中力の欠如で…」

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ第2節が5日に行われ、柏レイソルとガンバ大阪が対戦した。

 開始早々の7分に先制を許した柏は、後半立ち上がりにCKの流れから小林祐介が同点弾をマーク。しかし、その後2失点を喫し、1−3で敗戦。G大阪に2011年以来となる日立柏サッカー場での勝利を許した。

 試合後、柏を率いる下平隆宏監督がインタビューに応じている。

「後半の立ち上がりにいい形からすぐに点が取れて、スタジアムも逆転するようないい雰囲気だったんですけど、ちょっとした集中力の欠如で……。2失点目が非常に痛かったですね」と振り返った。

 今後の修正点については、「クロスの対応でマークにズレがあったのと、中盤でかなりミスが多かった。ピッチの状態があまり良くなかったことを抜きにしてもミスが多かったので、その辺はしっかりやれるように修正したい」とコメントした。