愛媛指揮官、スコアレスドローで連勝逃すも「価値ある勝ち点1だと思う」

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第2節が5日に行われ、愛媛FCは松本山雅FCと対戦し、スコアレスドローに終わった。

 試合後のインタビューに応じた愛媛の間瀬秀一監督は、「間違いなく、引き分けは狙っていないです。すべての試合に勝ちたいです」と勝利を望んでいたことを強調。それでも、セットプレーを中心とした松本の攻撃を無失点に抑えたことには一定の満足感を示し、攻撃面の改善を今後のポイントに挙げた。

「ただ今日は、フィジカル勝負に持ち込んだ松本に対して、最後まで戦い抜いた価値ある勝ち点1だと思います。持ち前のハードワークと守備がよかったと思います。あとは攻撃の連携で、まだまだ自分たちの伸びしろを伸ばして、このようなゲームでも勝ちに持っていけるチームにしたいと思っています」

 次節、愛媛は敵地でカマタマーレ讃岐と対戦する。