鮮やかミドルで決勝点の福岡FW石津大介「期待に応えるにはゴールを」

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第2節が5日に行われ、アビスパ福岡はレノファ山口FCと敵地で対戦し、2−1で勝利を収めた。この試合でチームの2得点目を決めた福岡FW石津大介が、試合後のインタビューに応じている。

 石津は福岡の1点リードで迎えた39分、ゴール前で三門雄大の落としを受けて右足でシュート。鮮やかな一撃を山口ゴールに突き刺した。福岡復帰後初ゴールとなり、同選手は「自分のゴールが勝ちにつながったのはすごく嬉しいことです」と喜びを見せた。しかしすぐに「後半がもうちょっとできたんじゃないかなと思うので、そこはまだ課題かなと思います」と続け、反省を口にしている。

 最後に「期待に応えるにはゴールだったり勝利をプレゼントしたいと思うので、そこにこだわってこれからもやっていきたいと思います」とさらなる活躍をファン・サポーターに誓い、締めくくった。

 次節、12日に福岡はホームで京都サンガF.C.と対戦する。