福岡が前半の2得点で今季初勝利…山口は小塚が1点を返すも反撃及ばず

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第2節が5日に行われ、レノファ山口FCとアビスパ福岡が対戦した。

 福岡は13分、駒野友一の右CKにウェリントンが頭で合わせて先制に成功した。さらに39分、福岡はゴール前で三門雄大の落としを受けた石津大介が右足でシュートを突き刺して追加点を挙げる。53分、山口はゴール前でボールを持った小塚和季がミドルシュート。これがゴール左に決まって1点を返した。その後、山口は同点を目指して攻め込んだがあと一歩及ばず。逃げ切った福岡が、今季初勝利を挙げた。

 次節、12日に山口はアウェーで大分トリニータと、福岡はホームで京都サンガF.C.と対戦する。

【スコア】
レノファ山口FC 1−2 アビスパ福岡

【得点者】
0−1 13分 ウェリントン(アビスパ福岡)
0−2 39分 石津大介(アビスパ福岡)
1−2 53分 小塚和季(レノファ山口FC)