途中出場で同点ゴールの長崎MF中村「1点だけでは満足できない」

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第2節が5日に行われ、V・ファーレン長崎と横浜FCが対戦した。

 拮抗する試合の均衡を破ったのは横浜FC。57分、エリア内にいた相手DFのハンドでPKを得ると、イバが落ち着いて決めて先制に成功する。しかし78分、長崎の中村慶太がエリア内の混戦から右足を一閃。スコアを振り出しに戻し、そのまま試合は1−1の引き分けに終わった。

 試合後、同点ゴールを決めた長崎の中村がインタビューに応じている。

 同選手は途中出場での得点について、「途中から入って仕事できたのは良かったが、勝ち点3を逃したのは悔しい。僕の役目は流れを変えることだったので、1点だけでは満足できない」とコメント。ゴールへの喜びを示しつつ、ドロー決着への悔しさを露わにした。