食品ロス対策、供給する側の試み(写真/アフロ)

写真拡大

 世界では毎年、生産量のおよそ3分の1に当たる13億トンもの食品が捨てられている。中でも日本は、世界の食糧援助量の320万トンの倍相当の632万トンの食品を廃棄処分している。この現状に対し、供給する側も過剰供給を減らしつつ、商品鮮度も保つ試みを行っている。その一例を紹介しよう。

◆酸素との接触を防ぎ、賞味期限を延ばす

【キユーピー】

 1925年の『キユーピー マヨネーズ』の発売以来、賞味期限を1日でも長く延ばすために、キユーピーは“酸素との戦い”と銘打って、商品改良を重ねている。

 1926年には真空ミキサーを導入し、原料撹拌中に空気が含まれるのを防止。1972年には酸素透過性の低いプラスチックの多層構造容器となった。1988年には容器口部にアルミシールを採用し、外部からの酸素侵入を防ぐようになった。2002年には原料の油に溶け込んでいる酸素を取り除く「おいしさロングラン製法」によって、賞味期限を7か月から10か月に延長した。

 そして昨年1月には、製造工程中での酸素を減らして、5容量(50g、130g、200g、350g、450g)の賞味期限を10か月から12か月へと延長した。

 同時に『キユーピーハーフ』も、2005年の容器の改良に加え、配合を変更することで、賞味期限を10か月から12か月に延ばしている。

◆傷みや変色などによる鮮度劣化を防ぐ青果物袋

【ベルグリーンワイズ】

 青果物の水分に働きかけて蒸散を防ぎ、生ものである青果物の呼吸をコントロールする。さらに、一般の袋より曇らないため、水滴による傷みから野菜や果物を守る、鮮度保持フィルムが『オーラパック』だ。

「青果物の約80〜90%は水。このフィルムは、収穫後に停滞する水分子を活性化させるので、新鮮さを長持ちさせることができるのです」(広報担当者)

 たとえば、しいたけは変色やかさの開きなどが、通常の袋より4日間起こらず、ブロッコリーや枝豆の変色も起こりにくい。スーパーやメーカーなどで食品ロス対策として活用されている。

◆詳細データで、作りすぎ・仕入れすぎを防ぐ

【日本気象協会】

 意外にも日本気象協会が、食品ロス軽減に大きな貢献をしている。緻密な気象情報とPOS(販売時点情報管理)データを組み合わせた需要予測が、商品の過剰生産の抑制につながっているのだ。基本となるのは日次、週次、月次の気象予測データだ。

「日販品には日ごとの予測データを、季節商品の需給調整には週単位の予測を、販売計画には月単位の予測をご提供しています」(日本気象協会 プロジェクトリーダー・中野俊夫さん)

 さらに掘り下げた、個別の需要予測データもある。

「たとえば、メーカーに対しては、解析を行った上で、“今シーズンは昨年より○℃くらい気温が高いので、このくらい売れ行きが伸びるでしょう”などとお伝えします。小売り店には、曜日や特売日などの要件も加味し、“今週土曜にはたくさん売れそう”といった分析結果を提供しています」

 そうした結果、企業等から「寄せ豆腐の食品ロスが30%減」「冷やし中華つゆの在庫が約20%削減した」といった感謝の声が寄せられている。

◆気づいてた!? 他にはこんな変化も!

 これまでは、賞味期限が日付まで示されていたが、最近は「月まで」表示を見かける。『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書)の著者で、食品ロス問題に詳しい井出留美さんに聞いた。「日付表示をすると記載日の翌日には流通できなくなりますが、月表示ならばその月末まで流通可能となり、ロスを防げます。商品によっては月表示で充分だと思います」。

※女性セブン2017年3月16日号