続編にも前向きな発言をした青木玄徳

写真拡大

 俳優の廣瀬智紀と青木玄徳が4日、都内で行われた映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。』の初日舞台あいさつに出席。本作で難事件に巻き込まれる紅伊探偵事務所の探偵・紅伊玲二(廣瀬)とパートナーの藍彰二(青木)をそれぞれ演じるが、青木は2人の劇中や撮影中の掛け合いを「迷コンビ」と表現。「玲二と彰二のコンビで、また続編があったらいいな」と話すなど、廣瀬とのコンビネーションに手応えを感じたようすだった。

 祖父の探偵事務所を引き継いだ型破りな探偵の活躍を描いた本作。舞台あいさつには共演者の岸明日香、田島令子、メガホンをとった櫻井信太郎監督が出席。廣瀬は初日に集まった大勢のファンを前に「感謝です。こんな大きな劇場で舞台あいさつできるのも幸せ。この映画をこの先の探偵映画の金字塔にできたら」と感慨深げ。

 廣瀬は心に闇を抱える紅伊玲二役についても「一癖も二癖もある役。自分自身から闇を抱えていますという感じでは演じたくなかった」と明かし、共演者がそれを汲み取った上で芝居を返してくれたことに改めて感謝の気持ちをしみじみ。「周囲の人にすごく支えてもらいました」と嬉しそうに撮影を振り返った。

 青木はそんな廣瀬について「玲二は廣瀬さんとかぶるところがあった。どちらも憎めない感じ。玲二と彰二も正反対のキャラクターというよりは(漫才の)ボケと突っ込みという感じ。役の中だけでなく、プライベートでも(廣瀬とは)同じ感じで……」と笑顔。コンビネーションに手応えも感じたのか、続編にも前向きな発言をして客席を沸かせた。

 舞台あいさつではタイトルに絡め「今まで見た最も印象的な夢」も話題に挙ったが、ここでは岸が「まじで憂鬱な夢(ばかり)を見る」と大胆な告白。「いい夢を見ることがないんです。基本的に残虐な夢とか悪い夢ばかり。ボーリングの玉に指がハマったまま抜けないとか。わっと起きることもなく、ふっとじわじわ来て目が覚める感じの夢が多くて」と話して笑顔を見せていた。(取材・文:名鹿祥史)

『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。』は公開中