ソ・イェジ、スペイン留学時代の驚きのエピソードを告白「プールで下着だけで泳いだ」

写真拡大

ソ・イェジがスペインのプールで下着姿で泳いだエピソードを打ち明けた。

韓国で4日に放送されたJTBC「知ってるお兄さん」には、ソ・イェジとオ・ジホが転校生として出演した。この日ソ・イェジは、スペイン留学に行った時のエピソードを打ち明けた。

彼女は「スペイン留学時代、一緒に暮らしていたお婆さんがプールに行きたがった。ビキニがないと話したら、下着の引き出しからブラとパンティを出して、ビキニのように下着を着てと言われた。プールに誰も来ないという言葉に、ブラとパンティだけを着て、プールで泳いだ」と明かした。しかも下着の色が上下違ったため、誰もがビキニでないことがわかったという。

続いて「プールに誰もいなかった。しかし、しばらくしてスペインの男の子たちが集まってきた」と当時の困った状況を明かした。彼女はその後、ビキニトラウマが出来たと打ち明けた。