カズ先発の横浜FCは長崎とドロー、イバPK弾で先制もリード守れず

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第2節が5日に行われ、V・ファーレン長崎と横浜FCが対戦した。

 横山FCがやや押し気味で進んだ試合は22分、長崎の木村裕がエリア内で倒されるが笛は吹かれず。25分には相手DFの中途半端なクリアを前田悠佑がダイレクトで狙ったが、ここは枠を大きく外れた。両者チャンスらしいチャンスがないまま前半を終える。

 拮抗した戦いが続く中、均衡を破ったのは横浜FCだった。57分、中里崇宏のシュートがエリア内にいた相手DFの手に当たりハンドの判定。獲得したPKをイバが落ち着いて決め、横浜FCが先制に成功する。しかし78分、長崎の中村慶太がエリア内の混戦から右足を一閃。試合を振り出しに戻した。

 試合はこのまま終了。1−1の引き分けに終わり、両チームとも開幕2連勝とはならなかった。

 次節、長崎は徳島ヴォルティスと、横浜FCはザスパクサツ群馬と対戦する。

【スコア】
V・ファーレン長崎 1−1 横浜FC

【得点者】
0−1 59分 イバ(横浜FC)
1−1 78分 中村慶太(長崎)