2017年3月3日に発売された『Nintendo Switch』。そのサイズ感について、漫画家の五月雨せつなさん(@takaflo)が『Atari Lynx』と『SEGA ゲームギア』と並べたツイートが15000RTと近くシェアされて話題となっています。


五月雨さんは、同様にソフトも比較。次のようにコメントしています。

ソフトのサイズ比較も。とりあえずすぐに出てきた携帯ゲーム機のカセット並べてみた。SwitchはVitaより少し細くて分厚い位の大きさ。N-GageのソフトがSDカードサイズなので分かりやすいかな。

『Atari Lynx』は1989年発売で、業界初のカラー液晶を採用したゲーム機。『SEGA ゲームギア』は1990年発売。こちらも当時の携帯ゲーム機市場をリードしていた任天堂『ゲームボーイ』に対抗してカラー液晶と『タロットの館』『THE GG忍』などのソフトを引っさげて、セガの威信を賭けてリリースされたゲーム機です。

このツイートには多くの40代前後のゲームファンが反応。「懐かしい」といった声が上がったほか、『Nintendo Switch』について「だいたいゲームギアサイズだとわかった」「意外と小さい」といったツイートが寄せれていました。

一方で、比較対象が25年以上前のゲーム機であることから、「わからん!」「若者殺し」といった声も続出。ジェネレーションギャップが明らかとなる事態となっています。

※画像は五月雨せつなさんの『Twitter』より
https://twitter.com/takaflo/status/837489926711103488 [リンク]