J3鹿児島、DF谷口功が全治約4週間と診断…練習試合で負傷、離脱へ

写真拡大

 鹿児島ユナイテッドFCは5日、DF谷口功が中間広筋(大腿四頭筋)筋挫傷と診断されたことを発表した。

 谷口は2月25日に行われたトレーニングマッチのJFC宮崎戦で負傷し、上記の診断を受けた。27日に鹿児島市内の病院でMRI検査を受け、上記の診断を受けた。

 谷口は1991年生まれの26歳。鹿児島実業高校から桃山学院大学へ進学し、2013年にギラヴァンツ北九州に加入した。2014年から鹿児島でプレーし、昨季は明治安田生命J3リーグで2試合に出場した。

 鹿児島は12日に行われる明治安田生命J3リーグ第1節で、藤枝MYFCとホームで対戦する。