高いシュート技術はもちろん、ニアに走り込む前のDFとの駆け引きも見事だった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1・2節]横浜 3-0 札幌/3月4日(土)/ニッパツ
 
 浦和との開幕戦に続き、2節・甲府戦でも途中出場からゴールを決めてみせた。
 
 2試合トータルの出場時間は39分。その与えられた決して長くはない時間のなかで、2得点をマークした。決定力の高さは群を抜いており、まさに職人の仕事ぶりだ。
 
 勝負を決定づけるチーム3点目について、ウーゴ・ヴィエイラはクラブの公式HPで次のように語る。
 
「学がボールをキープしていて、天野がオーバーラップからクロスを入れる。僕はニアに走り込んで、ドンピシャのボールが来たので、決めるだけでした」
 
 ジャンプしながらも身体の芯はブレず、正確に右足でヒット。シュートは相手GKのまたを抜いて、ネットを揺らした。

【横浜 3-0 札幌 PHOTO】横浜が札幌を一蹴し3年ぶりの開幕2連勝を飾る