C大阪DFマテイ・ヨニッチ、J1初得点も笑顔なし「無失点に抑えることが大事」

写真拡大

 4日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第2節で、セレッソ大阪は浦和レッズと対戦した。3点リードを許した59分、セットプレーから1点を返したが力及ばず。1−3で敗れた。

 新加入のDFマテイ・ヨニッチは、来日初ゴールを「3失点で負けてしまったので、何もうれしくありません」と振り返る。Jリーグ公式HPが試合後コメントを伝えた。

 相手は昨季のJ1リーグで最も勝ち点を奪った浦和。「最初は全体をコンパクトにして、左右にスライドして、できるだけ相手にチャンスを与えないようにしていた」と守りを固めて試合に入ったが、22分のFW武藤雄樹のゴールを皮切りに次々とゴールを決められた。マテイ・ヨニッチは「前半に失点してしまい、失点したところから難しい試合になってしまいました。とにかくタフな相手でした」と語る。

 自身のJリーグ初ゴールにも笑顔はなかった。「今回は守備をしっかりできなかったので、まずは無失点に抑えることが大事です。その上で得点できたら、次は喜べると思います」。次節、C大阪は11日(土)にアウェイでコンサドーレ札幌と対戦する。