1

キユーピーが東京と名古屋の2都市で期間限定のコンセプトショップ「キユーピー マヨカフェ」をオープンしています。キユーピーマヨカフェではすべてのメニューにマヨネーズが使われており、マヨネーズを使ったスイーツ「なめらかマヨプリン」なるものまであるという、マヨラーにはたまらないカフェとなっています。日本のマヨネーズは海外のマヨネーズとかなり味が異なるため、外国人の中でも「キユーピーのマヨネーズ」には愛用者がいるほどなのですが、「キユーピー マヨカフェ」がオープンするというニュースは海を越えて外国圏のマヨラーにまで伝わっています。

Mayonnaise cafes? Ew

http://mashable.com/2017/03/01/kewpie-mayo-cafes/

Japan Loves Kewpie Mayo So Much They Themed Cafes Around It

http://www.foodbeast.com/news/black-history-month-fried-chicken/

Two Kewpie Mayo Cafes Will Be Opening In Japan To Celebrate The Love of Mayonnaise | HungryForever

https://www.hungryforever.com/two-kewpie-mayo-cafes-will-opening-japan-celebrate-love-mayonnaise/

Japan Loves Kewpie Mayo So Much They Themed Cafes Around It

http://www.foodbeast.com/news/black-history-month-fried-chicken/

海外のマヨネーズは全卵を使ったものが多く、キユーピーのように卵黄のみを使うことが多い日本のマヨネーズはよりうま味が濃厚で酸味が強く、同じマヨネーズでも大きく味わいが異なります。フード系ブログHungryForeverによると、海外でも「マヨネーズ好きならキユーピーの名前は知っているはず」というレベルでキユーピーのマヨネーズが愛されているようです。以下のように、「キユーピーのマヨネーズをかけるとどんな食べ物もおいしくなる」という筋金入りのキユーピーマヨラーも存在している模様。









キユーピー マヨカフェのオープンの知らせは海外にまで広がっており、英語圏だけでなくフランス語圏であるカナダ・ケベックのHuffington Postでも報じられています。

Deux «Mayonnaise Cafés» ouvriront très bientôt leurs portes au Japon

http://quebec.huffingtonpost.ca/2017/03/01/mayonnaise-cafes-japon-ark_n_15086800.html

なお、キユーピー マヨカフェではランチメニューで「チキンマヨドリア」や「ふわふわたまごと菜の花と海老のマヨソテーパスタ」などや、ディナーメニューとして「季節野菜のフリットと特製マヨディップ」などが1品1000円〜1200円で提供されており、1日限定100食のデザートとして「なめらかマヨプリン〜キユーピークッキー添え〜」(400円)など、マヨネーズまみれの食事を楽しむことができます。

東京店は2017年3月1日(水)〜3月31日(金)までの期間限定で、Royal Garden Cafe SHIBUYAでの開催となっており、名古屋店が2017年4月3日(月)〜4月30日(日)までRoyal Garden Cafe NAGOYAで開催されるので、「我こそはマヨラー」という人は訪れてみてください。



kewpie mayo café キユーピー マヨカフェ|キユーピー

https://www.kewpie.co.jp/mayo_cafe2017/

キユーピー マヨカフェ 東京と名古屋の2都市にOPEN 東京は3月1日(水)から3月31日(金)まで、名古屋は4月3日(月)から4月30日(日)まで、期間限定で営業|キユーピー

https://www.kewpie.co.jp/company/corp/newsrelease/2017/22.html