MALIA.

写真拡大

5日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、モデルMALIA.が、3度目の離婚に本音をもらした。

番組にはMALIA.がゲスト出演し、自身のブログ上で明かしたサッカー・J2モンテディオ山形の佐藤優平選手との離婚について語った。「今でも彼と仲がいい」と円満離婚を強調し、離婚原因は佐藤の移籍による「遠距離結婚生活」と説明していた。

これにデーブ・スペクターが「予想しなかったんですか? Jリーガーなら地方にも行くってこと」と疑問を呈すると、MALIA.は「絶対にうまくいくと思ってた」と返答。すかさず西川史子が「結婚しなければよかったんじゃない?」と指摘すると、MALIA.は「本当にそう」と自らの結婚を否定してしまったのだ。この身もふたもないの答えでスタジオに笑い声が響き、爆笑問題・田中裕二は「実感こもってましたね!」と納得した声をあげたのだった。

MALIA.は2002年、当時横浜F・マリノスの田中隼磨選手と19歳で結婚。長男を出産したが2004年に離婚し、翌年に総合格闘家の山本“KID”徳郁と再婚した。山本との間には次男、長女が生まれたが2009年に再び離婚し、2015年に横浜F・マリノスに所属していた佐藤と結婚した。

【関連記事】
坂上忍 離婚騒動渦中のアンジェリーナ・ジョリーに呆れ「最低の女」
新庄剛志氏の離婚方法に共演者絶句 メールで妻に「離婚します」
布川敏和 つちやかおりと結婚前の浮気が明らかに「20人は知っている」