男性の遺伝子と女性器を併せ持つインターセックスとして生まれたサラ・ケリー・キーナンさん。生まれて50年を経て初めて、本当のアイデンティティ「インターセックス」としての出生証明書を手に入れることができたとコスモポリタン アメリカ版が紹介している。

「男性」でも「女性」でもなく、「インターセックス」と明記された出生証明書が発行されたのは、アメリカでも初めてなのだとか。自分を表現するときに女性と表現しているキーナンさんは、「インターセクシーかつパーフェクト」という文言が染められたTシャツを着て<Facebook>で喜びを表現したそう。

この背景には、政府に対して第3の性を法的に設ける運動があると言われている。2016年の始め、ジェイミー・シュープさんは自分の性を「ノンバイナリー(男性でも女性でもないという性別認識)」に変更する許可を得たのだそう。<NBC>によると、この結果は波及効果をもたらし、裁判所で第3の性の認定申請が爆発的に増加しているとのこと。

キーナンさんは<NBC OUT>に対して「すべてのインターセックスの人が、自分を法的にインターセックスとして特定することを選んでいるわけではありません。また、インターセックスの子供を持つすべての親が出生証明書上で彼らをインターセックスと記載することを選ぶわけではありません。ただ、そうすることを望む人たちのために選択肢は必ずあるべきです」とコメントしている。

<NBC OUT>によると、彼女は男性の遺伝子と女性器、そして両方の生殖器官(内性器)を持っているのだとか。60年代に彼女が産まれたとき、彼女の両親と医師は彼女がインターセックスである事実を隠すことにし、出生証明書には男の子と記載したのだそう。ただ3週間後、女性として出生証明書が発行されることに。そして彼女が「ホルモンを自分で生成できない少女」だと告げられた16歳のとき、彼女はホルモン補充療法を開始したという。

彼女の新たな出生証明書は歴史的に大きな布石となるのだそう。というのも、インターセックスというカテゴリーがないと、そのように産まれた人たちは強制的に男性または女性だと区別されてきたから。<NBC OUT>の報告によると、ほかにも「男女両性者」と記載されている、または性別が一切記載されていない出生証明書がアメリカには存在しているのだとか。

「アメリカ保健省」は、有資格のアメリカの医師が発行したしかるべき証拠書類さえあれば、出生証明書に性別を『インターセックス』と書き換えても良いという解釈をしています」と、アメリカ合衆国保健福祉省の報道官補佐をしているジュリアン・A・マルティネス氏は語っている。「同省は今後も地域にある関連機関とと連携して、各個人の性別をより正確に記載するための変更を取り入れていくつもりです」。

キーナンさんは、自分の真の性別が記載された出生証明書をやっと目にしたときのことについて、「衝撃的でもあり、同時に力づけられた」とコメント。このような動きが世界的に波及し、性的少数者なんていう表現や、そういう括り自体が時代遅れになる日が早く来ますように!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN US