開幕2試合で未勝利の広島・森保監督「クオリティを上げていく必要がある」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、サンフレッチェ広島は清水エスパルスと対戦し、0−1で敗れた。森保一監督の試合後コメントを、クラブ公式HPが伝えている。

 開幕戦でアルビレックス新潟と引き分けた広島は今節J1復帰の清水に敗れ、ホーム2試合で勝ち点1と苦しいスタートとなった。広島の森保監督は「今日は何としても勝とうという気持ちで準備してきた。しかし、勝点3を獲ることができず、残念で悔しい」と述べ、「お互いミスが多くなり、勝たなければいけないという思いとプレーがマッチしていなかった」と振り返った。

 開幕戦でMF柏好文が負傷し、この試合ではキャプテンのMF青山敏弘が体調不良によって欠場と、ベスト布陣を組めない状況について「シーズンを通して、誰かが欠けるなど、いろんなことが起こるのは当たり前。プレーできる選手で勝っていかなければいけない」と語り、「今日はそのチャンスだと思ったが、それを活かせなかった」と悔やんだ。

 チャンスを作りながらも得点を決められない攻撃に指揮官は「ビルドアップからの縦パスでは、森島から何本も通っていた。そこからシュートまで持っていけるようなコンビネーションを構築しなければいけない」と分析。「相手の守備を完全に突破できるように、クオリティを上げていく必要がある」と課題を口にした。

 次節のサガン鳥栖とのアウェー戦へ向けては「まだすべてが道半ばだが、目の前にあるのは現実しかない。今の立ち位置をしっかり踏まえて、這い上がっていきたい」と前向きに話した。