彼を逃すダメ態度!デートが次に繋がらない女子の言動

写真拡大



いくら恋人がほしいと思っていても、デートが次につながらないのでは話が始まりませんよね。男子だって女子であれば誰でもデート相手にしたいわけではないのです。一回目のデートで女子を判断して、『この子はないな…』と思ったらもう誘いません…。今回は「デートが次に繋がらない女子の言動」をご紹介します。

■1.誘いを断るのに代替案を出さない

「一回目のデート以降、何回誘っても『その日は予定があって…』とか『いま風邪ひいてて』と何かと理由をつけて断わられると、もういいやってなる」(32歳/男性/IT)

せっかく男子からデートに誘われても、忙しくて断ざるえない女子もいるでしょう。次に繋げるにはその断り方が肝心。断りっぱなしでは、彼も「本当はデートに気乗りしたくないだけかな?」とお誘いを控えてしまいます。いったんは「ごめんね。その日は…」と断りを入れたら、こちらから「〇日は空いているんだけど、どうかな?」と提案するようにしましょう。

■2.服装やメイクが手抜き

「初デートで相手のメイクがめっちゃ薄すぎ。グロスも塗ってなく唇カサついてたし、ファッションもなんかイマイチだった。手抜きされている感が否めなかった」(29歳/男性/建築)

普段から薄いメイクで、ファッションもカジュアルが好きだという女子もいることでしょう。しかし、いくら気持ちは準備万端、デートに向けて気分を高めていても、ラフな印象を与えるとそれだけで「やる気ないんだな」と思われてしまいます。多少好みのスタイルでなくても、男子ウケの良い身なりで臨んだほうが、「俺のこと考えて準備してくれたんだな」とあなたの好意を汲んでもらえますよ。

■3.お互いのテンションが合わない

「自分の年齢的に落ち着いてデートしたいのに、相手が『これ、ちょーおいしいね!』『やばーい!ウケるー!』と終始ハイテンションで。一緒にいて疲れた」(30歳/男性/広告)

お互いのテンションがあまりにも違うと、一緒にいて心地いいとは感じにくいですよね。これから付き合うことを考えたときに、落ち着かない相手とずっと一緒にいたいと思う男子はいないでしょう。彼にまた会いたいのであれば、自分のテンションをちょっと彼に寄せて疲れさせないよう配慮した方がいいですよ。

■4.感謝の気持ちがない

「奢っても『ごちそうさま』って言葉を言わない子はもう誘わない」(27歳/男性/証券)

「奢られて当然でしょ的な態度の人」(29歳/男性/飲食)

付き合ってからも、プレゼントをあげたりサプライズをしてくれたり…彼に感謝すべきタイミングって色々ありますよね。初めてのデートでやってもらって当然的な態度をとる女子は、もちろんそういった機会にも同じような態度を取るはず。男子だってタダでやるわけじゃないですから、その実態が分かったらもう関係を進めたいとは思わないでしょう。

■おわりに

男子とのデートがなかなか次に繋がらない女子は、一回目のデートで男子のテンションを下げるような行動をしてしまっている可能性大。またデートしたいのであれば、誘いづらい状況を作らないようにしましょう。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)