今回は、彼氏とエッチしたくないと思ったときの対処法についてお届けします。彼とエッチしたくないいろんな理由があると思いますので、そのパターン別にご紹介します。


1.疲れているときは……まず休もう


あなたが疲れているにもかかわらず、彼氏がヤリたがるというのもよくある話かもしれません。でも疲れているからエッチしたくないというケースは、ゆっくり寝るといいと思います。寝て朝起きて、心身ともにスッキリした状態でエッチするとか!

みんなが忙しいこの時代に、彼氏と彼女とでエッチしたいタイミングが合うこと自体が奇跡のようなことです。カップルでお互いに「したがりさん」であれば、タイミングが合致するかもしれませんが、普通は忙しい日常生活の中に恋愛があるので、エッチのタイミングをめぐって、カップルでケンカになることがあるでしょう。

「みんなそういう恋愛をしている……だから、私たちもまぁ大丈夫だろう」と思っておくといいのです。

2.エッチがマンネリ……お金で解決できるかも



彼氏のことは好きだしさほど疲れているわけでもない。でもなんとなくエッチしたい気分が湧いてこない……こういうときは、エッチに少しお金を使ってみては? たとえば、大人のおもちゃを買うとか、エッチなラブホに行くとか、そういうことにお金を使ってみるのです。

女子会でエロいトークをしつつ、友達のカップルがどんなエッチなグッズを使って、どんなエッチな場所でエロいことをしているのか、聞いてみるといいと思います。使用するアイテムやエッチの場所が変われば、気分が盛り上がるというのはよくある話です。

3.生理的に無理なら……別れ時かも


彼氏のことは好きだけど、なぜか生理的に無理と思ってしまう……だから彼氏とエッチしたくないというのは、もう彼と別れる段階にきていると思ってもいいのではないでしょうか? 

「生理的に無理」だけど「ルックスとか年収などの条件はいいから、彼氏としてキープしておきたい」とあなたが思っていたとしてももう無理です。生理的なものって理屈を超えるので、生理的に無理と思えば無理なのです。

一度振りかえって考える時間を作って!


普通は彼氏のことが好きという熱い思いと彼の条件がうまく交わって、それなりに交際が進んでいくでしょうし、そういう人も大勢いるでしょう。

でも、生理的に彼氏に抱かれたくないという状況に直面したら、ちょっとばかり「相手の条件で相手のことを好きになるというのは、どういうことなのか」ということを考えてみるといいと思います。

つまり、人を好きになるとか、誰かと付き合うとか、誰かとエッチするとか、そういう行為の本質を考えてみるわけです。もっと強く言い切ってしまうなら、条件が整ったから彼のことを愛します……ってどういうこと? ってことです。

そもそも恋愛に「条件」を持ち出してきた「自分がよくない」と思うしかないのかもしれません。理想論に聞こえるかもしれませんが、こういうことを考える時期がないと、なかなかいい恋愛に恵まれないように思うのです。


彼氏のことがまだ少し好きだけど、生理的に無理……という状況が一番キツイかもしれませんね。頭では好きと思っていても、カラダが嫌いと言っている状況って、誰にとってもキツイでしょう。

でもまぁそういうときは、「わたしは『本当は』彼のことがそこまで好きじゃないんだ」と思っておくといいと思います。こう思うことで気分が晴れる人もいれば、切ない思いをする人もいると思いますが、誰だっていろんな気持ちを知りつつ、人を愛することが上手になっていくので、そう心配することではありません。
(ひとみしょう)