女優兼、家電アドバイザーの奈津子です。

長かった冬が、ようやく出番を終えて過ぎ去ろうとしています。暖かくなってくるこれからの季節、皆さまにぜひオススメしたいのが家電メーカー「ドウシシャ」の提案するひんやり系スイーツが楽しめるシリーズです。

話題沸騰のかき氷器がリニューアル!

スタイリッシュな扇風機や、空気清浄機などで知られる同メーカー。昨年には、積もりたての雪のような見た目&食感の台湾風かき氷が自宅で楽しめる『電動ふわふわ とろ雪かき氷器』が10万個のヒットを飛ばし話題になりました。

台湾風かき氷はこのとおり、ふわっとした質感が特徴です。

ひとつめにオススメしたいのが、こちらのモデルのリニューアル版で上位機種となる3月に発売予定の『電動ふわふわ とろ雪かき氷器 DTY-17』です。

縦横はばがワイドになったことで心おきなく削れます!

同機では、まず付属する専用の製氷カップの中に牛乳+練乳+好みのシロップやジャム(チョコレートや、苺、マンゴー等々)を規定の分量までいれてよくかき混ぜ、冷凍庫で凝固。オリジナルの味付き氷をつくります。

冷凍庫で、1〜2時間しっかり固めます!

出来上がった氷を本体の内部にセットし、削る為の刃の高さをネジで調節したら、あとは容器を下に置いてスイッチを押すだけ。みるみるうちに鮮やかな色味の雪のような氷が器のなかに降り積もっていきます。

舌の上でスッ……と溶けていく優しい味わいと、甘い風味が広がるため、鼻の奥がキンと痛くなるような強めの冷たさがニガテだという方にもぴったり。毎日でも食べたいほどの美味しさです。

マンゴーやチョコレートなど何種類かの味を作ることにもトライしましたが、個人的には粒感のつよい苺ジャムを使用してつくった「苺ミルク風」の味付けがイチオシ。

透明な氷を使って上からシロップを垂らすだけの通常のかき氷と比べると、ほんの少し手間はかかるものの実際に食べてみると作り立ての「台湾風かき氷」は本当に絶品です!

使用後はパーツを分解して簡単に洗う事ができ、今回のこのリニューアル版では以前の型と比べて容器を置く箇所の幅と高さがワイドに変更。そして氷を安定させやすくするための内部のスパイク数の増加がなされ、より沢山の氷を削れるようになって使用しやすくなったそうです。

この突起がしっかりと氷を押さえつけます。

「飲む」かき氷も、たまらない。

次に紹介するのは4月4月に発売予定の「自宅で簡単にフローズンドリンク!」というテーマでつくられ『otona 大人の氷フローズン DCFZ-17』。前述したかき氷よりも、ひんやり系スイーツは「飲んで楽しむほうが好き」という方にオススメです。

製品名に「大人の〜」と付くだけでナゼでしょう。ぐっと手がだしやすくなるような気がしますよね、ひんやり系スイーツはお子様のモノだけではないのです。

使い方はとても簡単で、材料と氷を専用のクリアカップに入れ、本体にセットしスイッチを押すだけ。中心部の刃は「氷専用」として設計されているため、絶妙なトロみ&舌触り&まろやかさが実現し神がかった美味しさです。

自宅でこんな本格的なフローズンドリンクが楽しめる。

お好みでカップにストローを刺し、上層部にミントやチョコ、フルーツなどをトッピングすればまるで本格的なカフェメニューのよう。

フローズンドリンク以外にも果物や野菜に使用することができる刃が付属しているため、通常のスムージー作りもでき朝食などにも活躍しそう。1台2役っておトク感がありますよね。

ラストは超新感覚、「楽しい」かき氷!

丸いフォルムの鉄板と付属のヘラ。

最後に紹介するのがこの2月発売の『ハピロール DHRL-17』。

クルクルめくっていくのが楽しい!

ここ数年でSNSなどでも盛り上がりをみせる「アイスクリームロール」をつくることができる製品です。

こちらの使い方は前述した2製品以上に非常にシンプル。本体のプレートを冷蔵庫で12時間以上凍らせ→よく冷えたプレートの上にアイスクリームのタネを投入し(市販のアイスやジュースも可能)→付属のヘラを使ってクルクルと巻いて→完成、これだけです。

強い力は必要なく、ヘラの先でアイスクリームを軽く回していくようなイメージで、電力を必要としません。

仕事で煮詰まったとき、いい気分転換になりそうな楽しさで思わず、某アイスクリーム屋さんのように歌いだしたくなるような気分です(笑)。楽しいだけでなく、前述したかき氷ともフローズンドリンクとも異なる独特な味わいで、アイスクリームのミルフィーユのようです。

それぞれの価格はひとつめの『電動ふわふわ とろ雪かき氷器 DTY-17』、ふたつめの『otona 大人の氷フローズン DCFZ-17』共に5,980円(税抜き)を予定。

最後に紹介した『ハピロール DHRL-17』は約2,980円(税抜き)です。

たまには甘〜い手作りスイーツを自分へのご褒美にして、仕事の活力にしてみてはいかがでしょうか。

奈津子のトキメキ☆こぼれ話

出雲大社に行って来ました!

ありがたいことにお仕事で地方へ行く日々が続いています。

今年にはいっただけでも静岡・大阪・山口・島根・奈良・石川へ行きました。島根では念願の出雲大社を観光をする時間をいただけたので、賽銭箱にありったけの小銭を投入し「良縁」、お祈りしてきましたよ(笑)!雨でしっとりぬれた出雲大社は幻想的で赴きがあり、ものすごくトキメキました。皆さまもぜひ。

■プロフィール

女子家電の賢人 奈津子

ドラマ『野ブタを。プロデュース』で女優デビューして以降、様々な作品に出演。20歳の時、SDN48に加入しアイドル業も経験する。現在は再び女優・タレントの道を歩む傍で、家電製品総合アドバイザー GOLDグレード(AV情報家電)の資格を取得。DIMEをはじめ数々のメディアで家電のコラムを執筆している。家電意外に茶道、日舞、餃子をこよなく愛する。
instagram→natsuko_kaden