4日、中国の2017年国防費の増加幅が7%前後となることが発表された。今年は国防費が初めて1兆元(約16兆5000億円)を突破することになる。写真は中国人民解放軍国防大学。

写真拡大

2017年3月4日、中国の第12期全国人民代表大会(全人代=国会)第5回会議の傅瑩(フー・イン)報道官は、北京の人民大会堂で記者会見し、中国の17年の国防費について、増加幅は7%前後で、国内総生産(GDP)に対する割合は1.3%前後になると発表した。16年の国防費は9543億5400万元(約15兆7500億円)であり、今年は国防費が初めて1兆元(約16兆5000億円)を突破することになる。

中国青年報によると、全人代代表、軍事科学院国防政策研究センター主任で、歴代の中国国防白書の主要起草者でもある陳舟(チェン・ジョウ)少将は、国防費の増加分について「武器装備に対する投資の増大、部隊の訓練条件の改善、軍隊における各改革の保障、将兵の福祉待遇の向上に用いられる」と説明した。

陳氏によると、中国の国防費は11年から15年まで5年連続で前年比2桁の伸び率(12.7%、11.2%、10.7%、12.2%、10.1%)を示し、16年に初めて一桁台(7.6%)となった。(翻訳・編集/柳川)