松井玲奈&新川優愛W主演『めがみさま』 (C) 2017 Mcinema

写真拡大

SKE48の元メンバーで卒業後は女優・タレントとして活躍する松井玲奈と、人気の情報バラエティ番組『王様のブランチ』で司会をつとめるなど(今年3月まで)、テレビ・映画・CM・ファッション誌で幅広く活躍する新川優愛。2人がW主演する映画『めがみさま』が6月に劇場公開されることが決定し、メイン画像も解禁となった。

[動画]『gift』松井玲奈インタビュー

本作は、ローカル地域を発信地として公開される作品を生み出すMシネマ製作映画の第2弾。ちなみに第1弾は、2014年に愛知県発信映画として公開された『gift』(遠藤憲一&松井玲奈W主演)だった。

舞台は閉塞的な郊外の田舎町。主人公の佐倉理華(松井玲奈)は、母・市絵(筒井真理子)の過干渉や職場のいじめなどで人生に絶望。精神安定剤で何とかやり過ごしていたが、ついに自殺を決意する。だが、自分と同じような環境を克服したセラピスト・ラブ(新川優愛)との出会いをきっかけに彼女の日常に変化が訪れる。「他人の人生で生きるな」というラブの言葉に突き動かされ、家を出てラブが開催する自己啓発セミナーの手伝いをはじめ、自分らしさを取り戻していく理華だったが、ある事件をきっかけに不協和音が生じはじめるというストーリーだ。

はたして理華は、最後にどんな決断を下すのか? 『めがみさま』は6月10日より全国順次公開となる。