井上実優

写真拡大

 井上実優が、4月19日にリリースするメジャーデビューシングル『Boogie Back』の表題曲が、TVアニメ『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)4〜6月度エンディングテーマに決定した。

 井上実優は、福岡生まれ、絢香・YUI・家入レオ・chayら有名アーティストを数多く輩出した“音楽塾ヴォイス”出身の19歳女性シンガー。

 ダンサブルなポップチューンの「Boogie Back」が持つ疾走感が、『ドラゴンボール超』で2月から展開されている“宇宙サバイバル編”の緊張感にマッチするということから起用が決定した。

 エンディングテーマの放送は4月2日からになるが、本日より「Boogie Back」が先行で、井上実優オフィシャルホームページで試聴できるとのこと。

 またタイアップ情報と同時に、デビューシングル『Boogie Back』詳細とジャケット写真も公開された。通常盤には「Boogie Back」の他、ダンサブルなナンバー「Slave」、そして昨年7月に人生初ステージとなる日本武道館でのライブで1万人のオーディエンスを魅了したバラード「I will be your love」の3曲とそれぞれのインストゥルメンタルを収録。初回限定盤には通常盤と同内容のCDに、「Boogie Back Music Video」「I will be your love 20160729」の2曲の映像が収録されたDVDを付属、『ドラゴンボール超』のキービジュアルがジャケットにデザインされたアニメ盤には「Boogie Back」「I will be your love」とあわせて「Boogie Back(TV version)」と「Boogie Back(instrumental)」が収録される。

 なお、3月23日には昨年の日本武道館以来となる、豊洲PITでの日本レコード協会主催のライブイベント『Coming Next 2017』への出演も決定している。(リアルサウンド編集部)