【阿鼻叫喚】高橋一生が表紙のananが全然売っていない!? 書店に売上と在庫状況を問合せてみました

写真拡大

飛ぶ鳥を落とす勢いで人気急上昇中の俳優・高橋一生さん。高橋さんが表紙になった雑誌『anan』の「官能の流儀」特集号が2017年3月1日に発売されました。

この号は、ananが毎年出している特集号にあたり、旬な男が超セクシーショットを披露するということで毎回話題になりますが、今年は高橋さん。ナイスタイミングすぎる起用です。

発売前、女性と裸で抱き合う表紙が出た瞬間、インターネットには女性たちの「最高かよ!」という悲鳴で溢れまくったのですが、発売から2日後、今度は「全然売ってないんだけど!」という悲鳴が溢れまくっているのです……。

【売ってない?】

個人的な印象ですが、ananのこの特集号ってジャニーズ事務所の男性が登場する号よりも、イケメン俳優が登場する号のほうが、脱ぎっぷりがいいというか、絡みっぷりがいいと感じています。今回の高橋一生さんも期待度大……!

というわけで待ちに待った発売日。ニヤニヤしながらコンビニの雑誌コーナーをのぞいてみると、ない……。何軒かまわったけど、ない……。なぜなんだ?

Twitter にも、購入者の興奮気味のコメントにまじって、けっこうな割合で「売ってない」と嘆く人が……!

「どこいっても高橋一生売ってない!!!」
「近所の本屋anan完売しとった…高橋一生さんすごない…」
「え、なんなの?高橋一生のananコンビニで売ってないの?やっと見つけたと思ったらネコだったんですけど」
「今日職場でお客さんが高橋一生のananを9冊買ってってうちのananは全滅しました」
「当店では何があっても売れ残るananが入荷1日目で売り切れました!!!!」

……たしかに、とにかくコンビニでは見かけないのです。

【書店に売れ行きと在庫を問い合わせてみた】

今週号の anan、そんなにバカ売れしてるんでしょうか? どこもかしこも完売続出?

高橋さんに会いたい一心で、書店に現在の売れ行きと在庫状況を問い合わせてみました。

・ジュンク堂書店 池袋本店
「前号の3倍ほどの冊数を入荷しました。発売から2日で40冊近く売れたのでかなり売れてると思います。まだ在庫はあります」

・ブックファースト ルミネ新宿店
「いつもよりよく売れてはいますけど、うちはまだ在庫は2ケタありますよ」

・あゆみBOOKS 早稲田店
「在庫はありますよ、バカ売れってほどでもないですが、たしかにいつもよりは売れています」

どの書店もいつもより売れてるけど、まだ在庫はあるという回答。コンビニは売り切れが多いけど、書店にはまだある、ということかもしれません。

ちなみに、ネットでは「顔バレしてる書店では買いにくい」といった意見も。アラサー女子を男子中学生みたいにしてしまう高橋一生の色気よ……。

【ピンポイントな萌えの声】

そして、買った人たちから上がるこんな声……「意外と腕毛が濃いのが萌える」、「二の腕のハンコ注射の跡がいい」、「脇腹のほくろが……」など、ピンポイントな部分に「萌え」を感じているようなんですよね。

そして高橋さん、実際に anan をみてみると、心配になるくらい細いんですが、しっかり腹筋も割れてます。

それにしても、体つき以上に影のある雰囲気に色っぽさを感じます。私は女の人に膝枕されているカットを見ながら「ねえねえ、お金貸して」って言われたら貸してしまいそうだなと思いました。貸すお金なんかどこにもないのに……。

というわけで、欲しい方は大きめの書店に問い合わせしてみるとよさそうですよ。取材に協力いただいた書店の皆様、どうもありがとうございました!

参考リンク:マガジンハウス『anan』No.2043、Twitter 検索「an an 高橋」
執筆・撮影=御花畑マリコ (c)Pouch

画像をもっと見る