英語がしゃべれるようになりたい! そう思っている人が多いはず。英会話スクールは、社会人が行なう習い事でも常に上位にランクインしていますよね。でもなかなか上達しないと悩む人も多いのでは!? 

そこで今回はみんながどんな英語学習法を利用しているのかを調査してみました。春から英語を勉強しようと思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね!

株式会社DMM.comが10〜40代の英語学習者340名に行なったアンケートによると、最も利用者が多かった英語学習法は、誰もが勉強しようと思ったときに手に取る「教材・参考書」で約7割。次いで「洋画・海外ドラマ」が約4割でした。最近人気の「スマートフォンアプリ」の利用者も増加し約3割の人が利用しているようです。

■どんな英語学習法を実践していますか?(したことがありますか?)
・教材・参考書(69%)
・洋画・海外ドラマ(40%)
・スマートフォンアプリ(28%)
・オンライン英会話(16%)
・ポッドキャスト(8%)
・海外メディアサイト(6%)

こうしてみると、「洋画・海外ドラマ」や「スマートフォンアプリ」など、カジュアルに楽しみながらできる学習法を取り入れる人が多いことがわかります。ちなみに「洋画・海外ドラマ」を英語学習に取り入れている人にその目的を尋ねてみると、9割以上の人が「リスニング力を高めるため」と答えていることが明らかに。

■洋画・海外ドラマを英語学習に使う目的は何ですか?
・リスニング力を高めるため(91%)
・英語表現・フレーズを覚えるため(48%)
・発音(アクセント・イントネーション)を学ぶため(43%)
・スピーキング力を高めるため(34%)
・ライティング力を高めるため(21%)
・海外の文化を知るため(21%)
・ジョークを英語で言えるようになるため(10%)
・TOEIC・TOEFLなどの試験のため(7%)

英語学習をするうえで「洋画・海外ドラマ」を見るといいと言われているのは、やはり耳が慣れたり、英語表現などを覚えるからなのですね。ネイティブの会話スピードに慣れるためにも効率的と言えそうです。

では実際にみんなどんな映画を観ているのでしょう。

自宅で簡単に英語に触れることができるドラマや映画……まずは自分の好きなジャンルを選ぶのがベスト!?

英語学習法に「洋画・海外ドラマ」を取り入れている人に、役に立ったタイトルを聞いてみました。

・「フレンズ」
1994年から2004年までの10年間(10シーズン)に渡って放送されたアメリカの超人気テレビドラマ。メインキャラクター6人(女性3人、男性3人)を中心に、彼らの日常生活を面白く描かれています。日常シーンが多く、シンプルな英語が多いことから英語学習法に向いていると言われています。

・「プラダを着た悪魔」
ジャーナリストを目指してニューヨークにやってきたファッションセンスゼロと言われた主人公アンディが、超一流ファッション誌での仕事を得て悪戦苦闘しながら成長するストーリー。日頃から使える表現が多く、文法もしっかりしていることから英語学習に使われる人が多いようです。

・「ヘアスプレー」
人気TV番組「コーニー・コリンズ・ショー」に憧れる、ちょっと太めの女子高生トレーシーが、番組レギュラーメンバーオーディションに挑戦。BIGな女の子がBIGな夢をつかむシンデレラストーリー。日常会話が多く、スピード感があり、楽しみながら英語に慣れることができます。

・「24」
キーファー・サザーランド扮するジャック・バウアーがヒーローの大人気ドラマ。全シーズンで共通するのはリアルタイムなストーリー展開。1日の出来事が、1話1時間の24話構成で描かれている。英語が苦手な人でも、緊迫の演技やアクションシーンに夢中。英語で聞いていても意味がわかりやすいはず。

他にも「子供でもわかりやすいディズニーアニメで英語を勉強している」とか「日本のアニメ(トトロ、魔女の宅急便、ドラえもんなど)を英語訳で観る」という人も多いようです。ドラマや映画を選ぶときは自分が見たいと思った作品であることが一番大切。ストーリーに興味がもてないと挫折してしまいます。まずは自分が好きな作品を英語で見ることから始めてみるといいかもしれませんね。。

ちなみに株式会社レアジョブの調べによると、日本社会全体で英語が必要だと感じている人は7割以上。「今後英語を話せるようになりたい」という人は6割以上いることがわかりました。

◆あなたは日本社会全体にとって英語が必要だと感じていますか?
・とても感じている(29%)
・やや感じている(47%)
・あまり感じていない(17%)
・全く感じていない(6.9%)

◆今後英語を話せるようになりたいと思いますか?
・絶対になりたい(15%)
・いつかなれたらいいと思っている(52%)
・あまり思っていない(20%)
・全く思っていない(7%)
・既に英語を話すことができる(6%)

小学校でも英語の学習がスタートし、今後はますます英語が話せて当たり前という社会になるでしょう。英語の学習法も多様化しているので、ぜひ自分にあった方法を見つけてくださいね。