マレーシア・クアラルンプールの北朝鮮大使館前で報道陣に向かって声明を読み上げる、北朝鮮の姜哲(カン・チョル)駐マレーシア大使(2017年2月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】マレーシアは4日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏の殺害事件をめぐり、北朝鮮の姜哲(カン・チョル、Kang Chol)駐マレーシア大使を国外追放処分とし、同大使に対して48時間以内に同国を退去するよう要請した。

 金正男氏は先月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur international Airport)で、致死性が高く大量破壊兵器に指定されているVXを使って殺害された。

 事件を受けてマレーシアと北朝鮮の外交関係は急速に悪化した。北朝鮮は死亡した正男氏の身元を認めておらず、マレーシアによる捜査に激しく抗議してマレーシア政府が北朝鮮の敵と共謀していると非難した。

 北朝鮮と敵対する韓国は、正男氏殺害は北朝鮮の仕業だと指摘し、異母兄の正男氏が政敵になり得ると考えた正恩氏が暗殺を命じていたと主張している。

 マレーシア外務省は4日、北朝鮮大使の国外追放処分に関する声明を発表。声明は「DPRK(北朝鮮)大使の国外追放は違法行為にマレーシアが利用されたことに対する懸念を表明するもの」とした上で、マレーシアの殺人捜査を批判したことに北朝鮮が謝罪しなかったことから「北朝鮮大使は、『ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)』に指定され」、「48時間以内に国外に退去することが期待される」と表明していた。

 両国間の論争は、先月の正男氏殺害後、北朝鮮による正男氏の遺体引き渡し要求をマレーシアが拒否したことから起こったもの。遺体引き渡しの拒否を受け、姜大使はマレーシアによる捜査は政治的動機によるものであり、同国政府が「敵体勢力」と共謀していると述べていた。

 マレーシア政府はその後、発言に抗議するため姜大使を呼び出した。マレーシアのナジブ・ラザク(Najib Razak)首相は姜大使の発言について「まったくいわれのないもので、外交的に無礼である」と批判。マレーシアは駐北朝鮮大使を帰国させ、北朝鮮からのビザなし渡航制度を廃止し、一時は友好的だった2国間関係に冷水を浴びせた。
【翻訳編集】AFPBB News