去る2月28日、パリのヴァンドーム広場から遠からぬヴォルネー通りで、DSは新しいフラッグシップ・モデルとなる「DS 7クロスバック」のお披露目を行った。3月9日から一般公開が始まるジュネーブ・ショーに先立っての、事前発表会だ。

1

PSAの最新世代、EMP2プラットフォームをベースに新たなマルチリンク式かつアクティブ制御のサスペンション、そして新開発の1.5Lディーゼル・パワーユニットやフライ・バイ・ワイヤの8速ATを搭載するなど、基本骨格からしてかなり野心的な一台。

数字が示す通り、現行の最上位モデル、DS 5より上のクラスという訳だが、じつは日本や欧州では展開されなかったDS 6クロスバックという中国市場向けのSUVは存在した。だが新興国市場も成熟期への曲がり角にあるという見込みの下、先進国の成熟市場と同じモデルを展開・統合するモデルとして、いわばハイエンドからの世界戦略車といえるのが、DS 7クロスバックだ。

具体的にはアウディQ3やBMW X1、ボルボXC60やレクサスNX300hらと、プレミアムCセグメントのSUVとして競合する。発表値でのボディサイズは4.57×1.89×1.62mと、堂々とした体躯といえる。

 

ちなみに新車の発表会といえば、大ホールのステージの上で、うやうやしくアンヴェールされた後にCEOが身振り手振りを交え熱っぽく独演……という、おそらくスティーブ・ジョブズ以降にグローバル企業のお約束となった方法論に、DSは敢えて従わなかった。

まるで美術館や博物館を巡るガイド付き訪問のように、インテリア内装や走行機能各種のプレゼン台で担当デザイナーやエンジニアの解説を聞きながら、小部屋から小部屋へと移るのだ。それはむしろ、ファッションやジュエリー・ブランドの展示会の体裁に近く、クルマ全体は最後に見せるという一風変わったアンヴェールだった。

 

DSはこれまでもディティールの造り込み、フランスならではのライフスタイルとそのノウハウを前面に出してきたが、DS 7クロスバックは最高峰だけにその可能性を極限まで追及してきた。

ウッド調の「フォブール」インテリアには嵌木細工を思わせるパネル使いもあれば、メタル調の「リヴォリ」では時計の文字盤によく見られるクルー・ド・パリと呼ばれる彫り模様を入れたメタルのパネルあるいはステアリング上のダイヤルなど、いわゆるメゾン・ブランド的な造り込みを随所に採り入れている。

レザー内装を担当する職人いわく、クルマの内装で難しいポイントのひとつは、ダッシュボードの大きな面積に張るのに傷のない革を選ぶことだそうで、確かに内装の至る部分にまで乗員を包み込むように張り巡らされたレザー内装は、Cセグメント離れしたラウンジ的クオリティを感じさせる。

ちなみにパリの通りや地名からとられた各インテリアの仕様は、他にエナメル調の「オペラ」やファブリックの「バスティーユ」がある。後者もダッシュボードのソフトウレタンには、型押し模様の凸部にゴールドのニュアンスを被せたり、ジャガード織りを思わせる立体感ある生地を用いることで、入門グレードながら独特のパリ風タッチを実現している。

 

かくして内装はパーソナライズの極致といえるが、オーナーシップをくすぐるための演出は外観にも表れている。DSが掲げる「リュミナス・シグネイチャー」の最新解となる、独特のフルLED コンビネーションランプ「DSアクティブLEDヴィジョン」のことだ。

駐車中や市街地、高速道路など走行状況に応じて5種類の点灯モードを自動的に切り替え、自らの視界のみならず外からも見えやすくるという。

ちなみにモノグラムと3D効果を強調したリア側ランプにも見られる、魅入らせるための工夫において、フロント側はさらに一歩踏み込んだ。片側3灯+ハイビーム1灯という構成だが、点灯時と消灯時に、内側から3灯のバルブひとつひとつが180度回転し、ライトオン・ライトオフとなるのだ。

照らすという機能には別にまったく貢献しない演出だが、当然ステアリング舵角に連動して照射方向を変えるディレクショナル・ヘッドライトであり、市販車でその元祖といえば確かに昔のDSにまで遡る。しばしば別名「光の街(ville de lumière)」と形容されるパリにもちなんでいるだろう。だからこそ、このキラキラ演出はよくよく練られたDS独自のシグネイチャー(署名)といえるのだ。

 

走行面に関する特徴は、やはり最新世代のADAS(先進運転支援システム)による機能が挙げられる。

30km/h以上で設定した後は0〜180/hで作動するアダプティブ・クルーズ・コントロールや、高速道路での車線保持をパッケージした「DSコネクティッド・パイロット」の他、最新世代のパーキング・アシストなどを備える。

また「DSセーフティ」という安全パッケージも備え、赤外線センサーで歩行者や動物を検知するナイトヴィジョン機能や、ドライバーの瞼の動きをモニターして警告を与える機能なども搭載される。

だが走りに関してもっとも注目すべきは、DSが自ら「21世紀のDSサスペンション」と題する「DSアクティブ・スキャン・サスペンション」だ。

これはカメラで5m先の路面を絶えず読みこみ、凹凸に合わせて最適化した減衰力を導き出された、4輪それぞれのショックアブソーバーが独立して作動するというものだ。

かくしてDSは卓越したフラットライドと静粛な乗り心地を実現しているという。カメラ制御によるライドコントロールは無論、Cセグメントでは初搭載である。

 

しかもこのライドコントロール機能のために開発されたリアのマルチリンク式サスペンションは、13kWhのリチウムイオン・バッテリーと100ps強の出力となる電気モーターを組み込んだ後車軸モジュールに発展予定で、PHEV版が2019年に欧州発売とアナウンスされている。

組み合わされる内燃機関はガソリンのTHP1.6Lターボ、合計出力とトルクは300ps・450Nm以上が見込まれる。駆動効率を最大化した4WDのスポーツ・モードと通常走行のモード、またZEVモードでは約60劼亮律走行距離が見込まれている。

このTHP225(225ps仕様)はインジェクションの高圧化や制御の見直しによって進化した次世代ダウンサイジングターボで、当初用意される5種類のエンジンの中でもTHP180、ピュアテック130の上位にある最強版だ。EAT8という8速ATと組み合わされる。

「2018年1月の欧州ローンチ、同年前半の日本市場で、主力となるのはTHP225に加え
2種類のディーゼル。BlueHDi180に加え、1.5LのBlueHDi130という最新世代のディーゼルも投入します。日本でもディーゼルが評価され、伸びが著しいことはうかがっていますからね。DSはPSAの中でも最初に、最新のテクノロジーを搭載すべきブランドとして、今後もグッド・サプライズを仕掛けていきます」と、プロダクト・ラインナップ担当の副社長、エリック・アポッド氏は力強く答える。

 

今回公開されたのは、現時点では唯一の生産型である「ラ・プルミエール」、初回限定の(注・銀色のボディの方。ゴールドはプロトタイプ)専用仕様で、ワインレッドのレザー内装にメタルの質感が刺激的な仕様。フランスの高級オーディオ・メーカー、フォーカル・エレクトラ社による14個のスピーカーを擁するオーディオ・システムも搭載する。

 

ジュネーブ以降の受注を鑑みて生産にかかる訳だが、ドイツ車的なプレミアムの価値観とは一線を画す、フレンチ・ラグジュアリーのコードに裏打ちされた大胆なフラッグシップ・モデルが、ジュネーブ・ショーでどんな反応を巻き起こすか、要注目だ。

DSが新旗艦モデル「DS 7クロスバック」をパリで発表(http://clicccar.com/2017/03/05/450330/)