スズキのライトクロカン、「エスクード」(欧州名 ビターラ)の改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

1

初期プロトタイプは、フロントマスクのみカモフラージュされていますが、発売時には、リアバンパーのリフレッシュも行われるはずです。

大きくリフレッシュされるのはフロントエンドで、グリルを良く見ると向かって右上が一部露出し、ハニカムメッシュグリルに変更されており、スポーティーなアピアランスになると思われます。

またフロントエアダクトには、テスト用レーダーが設置されていることから、最新世代衝突軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」などが装備されるはずです。

室内ではトリム類の見直しなどが行われる、パワーユニットはキャリーオーバーされる1.6リットル直列4気筒エンジンを搭載します。

デビューは2017年秋頃が有力です。

(APOLLO)

スズキ・エスクード改良型、スポーツフェイス&デュアルカメラブレーキ装備で秋デビューへ!(http://clicccar.com/2017/03/05/450888/)