今回は、彼氏とLINEで喧嘩すると危険な理由をお届します。後で取り返しのつかないことにならないように注意しましょう!

1. つい話の本質から横に反れるから



感情を文字だけで伝えようと、つい過去の話や関係ない話まで持ち出して、話が横に反れてしまうこともよくある話。これでは余計に話がこじれるどころか、喧嘩の終着点が見つからずにダラダラと長引いてしまいます。

顔を突き合わせて話しあうのと違い、離れた状態で文字を打っているだけの喧嘩は、相手の様子がわかりません。今どんな顔をしているか、どんなことを考えているかは文字だけで判断するのが難しいんです。
また、文字だけでは言葉の温度も伝わりづらく、自分が何を伝えたかったかを明確に書いていたつもりでも上手く伝わらなかったり……。相手が思惑通りに受け取っているかわからないということを知っておきましょう。

2. 喧嘩に集中できず、余計に関係がこじれるから



喧嘩した関係を持ち越してお互いそのまま仕事や学校に行ってしまったら、話し合いは一時中断してしまいますよね。メッセージを送ったまま会話が一時中断してしまうと、気になって仕方がないし、待っている時間ほどイライラするものはありません。ましてやLINEは未読・既読がわかるようになっているので、既読スルーされたままの状態が長く続くと、無駄な怒りを増長させてしまいます。

待てないからと言って、さらに追い打ちをかけるようにメッセージやスタンプを送ってしまうと、相手がその行動にヒステリックさを感じて引いてしまうかも……。すぐに解決を望むなら、直接会って話すか電話で伝えたほうが明快です。

3. 送った内容が残ってしまうから


言った言葉ももちろん取り消すことはできませんが、LINEだと文章が形として残ってしまいます。喧嘩で発する言葉は本心で言ったわけではなく、つい会話の流れから売り言葉に買い言葉になってしまうことがほとんど。文章に残すしてしまうと何度も読み返せるので、余計なことを考える時間を与えてしまいます。

また、他人に見せることもできてしまい、2人の問題を他の人に相談されでもしたら……。その先にあまり良い結末は待っていないかもしれません。



4. 手軽さから酷い言葉を投げてしまうことも…


さらに、LINEはチャットのようにポンポン言葉の掛け合いができるので、口に出して言うよりも気軽に送れてしまいます。その気軽さから、つい畳み掛けるように辛辣な言葉を投げかけてしまったり、相手の顔が見えないからと、反応を確認せずに攻撃できてしまうのが怖いところです。口ではとても言えないような言葉を、スマホの画面相手なら簡単に言えてしまうんですよね。

先に説明したとおり、一度送った内容はこちらからの操作では取り消すことが出来ません。送った後で「言わなきゃよかったな」と後悔してももう遅いのです。

どんな喧嘩であれ、相手の顔を見ないで自分の気持ちを伝えるということはとても難しいもの。激しい口論の末、お互いが冷静になるために距離を置いているなら、落ち着いて言葉を選ぶことができるLINEでのやりとりは有効だと思います。

でも、傷つかないために直接話すことを避けているなら、たとえ仲直りができても何の進歩も生まれません。本当に大切な相手なら、目を見てしっかり気持ちを伝えることも考えてみてくださいね!
(キノシタマユコ)