栗山千明

写真拡大

 栗山千明主演のスペシャルドラマ『でも、結婚したいっ!〜BL漫画家のこじらせ婚活記〜』(関西テレビ・フジテレビ系)が、4月4日に放送されることが決定した。

参考:『山田孝之のカンヌ映画祭』松江哲明監督インタビュー「映画界への“問い”になってくれれば」

 同ドラマは、藤本ハルキの自伝エッセイ漫画『BL漫画家ですけど結婚してもいいですか?』をドラマ化したラブコメディ。34歳の売れっ子BL漫画家・藤田ハルコが、婚活に悪戦苦闘する姿を描く。

 栗山が演じるのは、学生時代からBLをこよなく愛し、才能にも恵まれてBL漫画家になった、“腐女子”にとって憧れの存在の藤田ハルコ。漫画や妄想の中で男性と関わることはあったが、女性ばかりに囲まれた職場で仕事に没頭し、男性との話し方すら忘れてしまった、いわば“こじらせ腐女子”だ。学生時代のBL仲間からの結婚報告をきっかけに、ハルコは婚活を始めることを決意する。

 そのほか、ハルコと同じくBLが趣味で彼氏持ちのハルコのアシスタント・立花キリ子役を佐野ひなこが演じるほか、ハルコが次々と出会う男性役として、結構相談所で出会う大学の数学講師・中野役の要潤、キリ子の彼氏に紹介される猫好きの生田役のオリエンタルラジオ・藤森慎吾、サバゲー合コンで出会うキザ男・斉藤役のジャングルポケット・斉藤慎二が出演する。

【栗山千明 コメント】
■ハルコのキャラクターについて
一生懸命仕事に打ち込むうちに、いつしか結婚に対して焦りや不安を覚える女性も結構多いと思います。そういった意味でハルコは今っぽい女性で、私自身も共感しやすいですし、ご覧になる方にもすごくなじんでもらえる女性です。職場にいる時と、外で男性の前にいる時とで全然態度が違うので、コンプレックスを抱えて異性と交流できないっていう部分を面白く感じてもらえればと思います。

■BL(ボーイズラブ)について
20代前半の頃に「乙女ロード」に行ったこともあります。その時の印象で腐女子の皆さんはキャリーバックやリュックなど荷物が多いイメージですが、特徴的な服装をしているわけではなく、一見腐女子とわからない方も多いみたいですね。

■漫画家役について
私自身、0から1を生み出すことはやったことがないので、画力もストーリー作りも含めて漫画家さんはやはり尊敬するお仕事で、憧れというよりも本当に畏れ多い存在です。単なる腐女子とは異なるプロのBL漫画家として妄想を膨らませる場面など、ユーモアも含めて実際の先生方にも受け入れてもらえたらいいなと思いながら演じています。

■視聴者にメッセージ
自分の殻にこもっていたハルコが少しずつ幸せをつかみにいくという前向きなお話です。ハルコに共感したり、ドタバタを笑ったり、色んな楽しみ方があると思いますが、最後は「良かったね」と思ってもらえる作品になっています。ぜひお楽しみください!

(リアルサウンド編集部)