バイエルンが3発快勝で大迫フル出場のケルンを撃破! 公式戦16試合無敗で首位を快走《ブンデスリーガ》

写真拡大

▽ブンデスリーガ第23節、ケルンvsバイエルンが4日にライン・エネルギエ・シュタディオンで行われ、バイエルンが3-0で勝利した。ケルンのFW大迫勇也は、フル出場している。

▽前節、ライプツィヒに1-3で敗れ、リーグ戦3試合勝利がない7位ケルン(勝ち点33)は、現在公式戦15試合負けなしで首位を走るバイエルン(勝ち点53)をホームに迎えた。ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を得るためにここで踏ん張りたいケルンは、前節のライプツィヒ戦から先発メンバーを2人変更。マローとヘクテルに代えて、ソーレンセン、S・ツォラーを起用した。大迫は、先発に名を連ねた。

▽一方、好調を維持しているバイエルンは、7日にチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦2ndレグのアーセナル戦が控える中、先発メンバーを5人変更。直近のDFBポカール準々決勝のシャルケ戦からフンメルスとリベリ、シャビ・アロンソらを代えて、ラームとドグラス・コスタ、ミュラーらを起用した。

▽試合は、両者ともに激しく相手ゴールに迫る立ち上がりとなった。16分、敵陣中央でパスを受けたドグラス・コスタが左足を振り抜くも、ゴール左隅を捉えた強烈なシュートはGKケスラーのパンチングに防がれた。

▽対するケルンは18分、敵陣右サイドからのアーリークロスに大迫が反応。ヘディングシュートでゴール右隅を捉えたが、GKノイアーに阻まれる。

▽すると25分、バイエルンが均衡を破る。左サイドからのクロスがファーサイドに流れると、反応したビダルが中央に折り返す。これを走りこんだハビ・マルティネスが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

▽先制を許したケルンも反撃に転じる。40分、カウンターから右サイドのモデストへと展開すると、ボックス中央にクロス。これに走りこんだ大迫がヘディングで合わせるも、GKノイアーに正面でキャッチされた。

▽迎えた後半、リードするバイエルンが立ち上がりに追加点を奪う。48分、細かいパス回から右サイドを侵攻すると、ミュラーがボックス右にスルーパス。これに反応したベルナトが左足でシュートを放つと、ブロックに入ったオルコウスキの当たり、コースが変わってゴールに吸い込まれた。

▽流れを引き寄せたいケルンは63分、MFクレメンスを下げてFWルドネフスを投入。前線の枚数を増やして、攻撃の活性化を図った。

▽一矢報いたいケルンだったが、バイエルンの巧みな試合運びにチャンスを作ることができない。そのままバイエルンが優勢に試合を進めると90分、左サイド深い位置へのスルーパスに走りこんだベルナトが中央に折り返すと、走りこんだ途中投入のリベリが左足でゴールに流し込み、そのまま試合終了。敵地で危なげなく勝利したバイエルンが、公式戦無敗記録を16試合に伸ばし、首位を快走している。