1
 
Appleが、iPhoneから発生する熱を逃がすことのできるケースの特許を申請していたことが分かりました。同時期に、iPhone内部の熱を逃がす構造の特許も申請されています。

iPhoneから発生する熱を逃がすケース

iPhoneなどの電子機器は、処理速度が上がるほど発生する熱も大きくなる傾向があるほか、バッテリーの充電中なども熱が発生します。
 
熱は、iPhoneの処理速度を低下させるのみでなく、もし熱が集中すれば発火や爆発の原因になる場合もあります。
 
Appleは、iPhoneに装着することで効果的に放熱するケースの特許を2015年後半に申請していたことが、現地時間3月2日に米国特許商標庁が公開した資料から明らかになりました。

3層構造のiPhoneケース

ケースは3層から構成されています。iPhone本体に接する層は、通気性の良い繊維素材でできており、熱を外側に逃がします。
 
中間の層は、頑丈な樹脂素材製で、iPhoneを保護し、ケースの強度を維持する構造となっています。
 
外側の層はシリコン製で、デザイン性とメンテナンスしやすさが重視されています。
 

本体内部の熱を逃がす技術の特許も同時期に申請!

2月には、AppleがiPhone本体内部から発生する熱を、熱伝導性の高いグラフェンシートを使って外に逃がす技術の特許を申請していたことが判明しています。どちらの特許とも、2015年の第3四半期(7〜9月)と、同時期に申請されています。

 
 
Source:Patenty Apple
(hato)